KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

2022年9月27日は日本の恥の日、みっともない偽国葬に抗議する音楽プレイリストと国葬に関する文春砲情報

いやー予想通り見るに堪えない偽国葬だった。 これを立派な国葬だったなどという輩がいたら自民党の大マスターベーション税金無駄使いイベントといっていいだろう。 残念ながら外国の反日カルトの広告塔であり数々の疑惑が解けない人物の国葬の日。日本の歴…

立憲民主党に苦言ーこのままでは折角自民党が自滅しているのにその機会を無駄にしてしまうーやはり代表交代を進言したい

正直にいうが私は立憲民主党支持者である。自民党や公明党による酷い政治が続いている現状でやはり野党第一党の立憲民主党に何とか政権政党の受け皿になってほしいと思っている。とはいえ現在では立憲民主党単独では無理だから共産党を始めとする野党の共闘…

陰謀論や誰かのもっともらしい嘘の情報を信じその嘘を他人に押し付けようとする疑似カルト宗教に汚染されているネット、SNS

いうまでもなく当ブログでも「国葬」や統一教会に対してかなり批判的な見解を掲載している。当然ながらネトウヨあたりに攻撃されたこともあるが、ネトウヨは殆ど人格障害急にアホなので何とも思わないが、非常に最近のネットで困るのは陰謀論やどこかのサイ…

沖縄県知事選挙で玉城デニー氏勝利で自民党が統一教会ズブズブから抜け出せないのなら先はない

昨日の沖縄県選挙。午後八時現在で既に当確が出た。 早いと思うかもしれないがNHKの出口調査網は実は凄いし正確だ。私の記憶では間違ったことはほぼない。 これで自公の候補で佐喜真淳氏のように統一教会 とズブズブの候補では選挙に勝てないいい前例ができ…

エリザベス女王崩御で「本物の国葬」が行われ、「閣議決定」しかしない「ニセモノの国葬」で日本は世界に赤っ恥ー日本人を名乗るのが恥ずかしくなる日々が来そう

既に報道でご存じのように2022年9月8日にイギリスの女王エリザベス二世が崩御した。96歳の天寿を全うされた。 エリザベス女王はイギリス United Kingdomだけでなくイギリス連邦の元首でもあるから当然国葬になるだろう。 どこかの国は他国の反日カル…

冷戦終結の立役者であるゴルバチョフの訃報を聞いて、日本の政治も思想もいまだ冷戦の発想から抜け出していないことを統一教会の事件を見て思う。

さる8月30日冷戦終結の立役者のゴルバチョフ逝去した。 91歳。 digital.asahi.com ゴルバチョフの政治家への評価、とりわけバルト3国のソ連離脱の際の軍事行動を始め、国内の政治が必ずしもうまくいっていなかった点はここでは置く。 しかしそれが関係してい…

統一教会とズブズブの関係だった自民党ー岸田総理との関係もかなり密接かーこの後に及んで国葬強行、統一教会との関係断絶に消極的な自民党

いやーとにかく調べれば調べるほど自民党と統一教会は殆ど一心同体といっていいほど密接に関係していることが判明してきた。 数々の「霊感商法」で多くの被害者を出し、信者はオウム真理教のように完全にマインドコントロールされているカルト宗教が政権政党…

国民に多数が国葬に反対にも関わらず安倍元首相の国葬を強行の構え、統一教会との関係も曖昧のまま酷い内閣改造ー岸田ってもう少しはまともだったと思っていたが...

岸田氏が菅辞任による新総裁就任時には「人の話を聞く」とか「普通にしゃべれる」首相が出てきたといわれ、少しはまともな人間が首相になったという向きもあったが、実態は安倍や菅の実質的な傀儡であることは明らかであり、そんなに期待はしていなかった。 …

梶原景時追放!! なんと善児を「置き土産」に。いよいよ義時が頼朝に優るとも劣らぬほどダークサイドに陥り殺戮を繰り返す

頼家の代に入り「鎌倉殿の13人」の合議制が敷かれて僅か8カ月、ついに梶原景時が追放されます。以前も書きましたが梶原景時は元々頼朝の信任厚く、源平合戦の時には義経の監視役として、鎌倉幕府成立後は侍所別当として御家人を監視する役を受け持ってい…

安倍元首相国葬反対!ーNHKを始めメデイアは安倍晋三の美化はやめろ!! 死を悼むと生前の疑惑や問題を論じるのは全く別問題

安倍晋三元首相の暗殺から10日経った。いまだマスコミ、特に地上波のテレビでは安倍晋三元首相の「生前の実績」についての英雄化、美化がこれでもかと続いていて正直うんざりしている。特に地上波のテレビは昔から同じような内容を繰り返し放送するという悪…

予想通り最悪の選挙結果ー深刻な衆愚政治の日本の未来は暗いー今度こそ年内にこのブログ閉鎖します

選挙戦の終盤にまさかの安倍元首相の暗殺。 その後に起きたこの国の状況に今日本という国がいかに異常でおかしな国になっていることを実感し、この国の民度、マスコミ、それら諸々全てが深刻な状況に陥っていることを目の当たりにした。 選挙期間中の異常な…

安倍元首相暗殺! 民主主義社会にあってはならぬ事態発生とそれに絡む不自然さ

当ブログでも安倍首相の政策を始め政権運営をかなり厳しく批判してきたわけだが、政権を批判するのと安倍氏の言論を暴力で封殺するのは全く違う。勿論私は後者には反対するしそれが実際に民主主義社会である(はず)の日本で起きてしまったことに衝撃と大きな…

au過去に例がないほどの大規模通信障害!! 週末丸々通話できず ITインフラの脆弱さを露呈した大事故

7月2日から4日、ご存じの通りKDDI(au) の大規模な通信障害が発生し通話やメールができない状態が続いた nlab.itmedia.co.jp 本来ならスマホの横にアンテナの模様が出るはずなのだが(矢印先) 7月2日は朝からそれが消えていた。 2日の午前中には復帰するだろ…

アメリカ最高裁の中絶判決、日本国内の「昭和脳」とそれ以外の対決ー価値観の変化による社会の分断の世界的傾向

業務に忙殺されていたが、先週(先月の月曜日、日本時間の火曜日にアメリカの最高裁で時計の針を戻す判決が下った。 jp.reuters.com いわゆる「ロー対ウェイド判決」という人工妊娠中絶を憲法上の権利と認める判決を「女性の権利」と認める判決に対して、ア…

鎌倉殿の13人ー頼朝の死の謎ー暗殺説も絶えない殺戮の限りを尽くした男

鎌倉殿の13人、いよいよ今回で頼朝が死にました。 義経、範頼という実の兄弟から叔父にあたる源行家、従兄にあたる木曽義仲とその子の義高、さらに奥州藤原氏、平家といわば殺戮の限りを尽くしたといっていい源頼朝(もっとも先週亡くなった源範頼は「実は…

参院選公示ー投票に行かない人自分の頭で考えない人によって生活はますます破綻に、そして「戦争できる国に」ーなんてことにならないように

コロナが落ち着き始めて、おかげ様で業務が多忙になったため参院選の公示より3日遅れてのブログ記事になってしまった。 既にマスコミ各社の世論調査で与党過半数獲得、大勝であるかのような報道をしているがまだ選挙戦は始まったばかりである。あたかも決ま…

政府のプロパガンダ機関に堕ちたマスメデイア―内閣不信任案で立憲民主党のネガテイブキャンペーンを展開

今週立憲民主党が細田議長のセクハラ疑惑、および岸田内閣の経済政策(とりわけインフレ対策への「無為無策」)を批判して、内閣と議長の不信任案を提出し、6月9日衆議院本会議で審議された。 勿論、衆議院では与党が圧倒的多数なため否決されるのはわかっ…

上総広常殺害でダークサイドに堕ちた頼朝、これから兄弟親戚を始め殺戮の限りをつくし義時もそれにつられて....

先週の鎌倉殿の13人、佐藤浩市演じる上総介広常が謀殺されて「頼朝ひでえ!!」とか「大泉が悪いww」といったつぶやきがTwitter でトレンドになりました。 特に「謀反の疑い」といいながら後ほど、鎧から願文が見つかりましたが、そこには謀反を思わせる文章…

「確証バイアス」による「信じたい情報のみ信じる」ことでデマを信じ込む人たちーQアノン,ワクチン陰謀論,ウクライナ戦争

ロシアによるウクライナ侵攻が起きてからもうすぐ二か月になる。 ブチャを始めとするさまざまな虐殺のむごたらしい情報やウクライナ被害の悲惨な情報が入ってきているが同時にネットでは 「ブチャで虐殺など起きていない。フェイクニュースだ」 「今回の戦争…

鎌倉殿の13人ー呪われた源氏の嫡流

鎌倉殿の13人、先週の義経の登場に続き今回は源範頼、義円等次々と頼朝の兄弟が集まりました。我々は義経や範頼のこの後の悲劇の結末が訪れることを知っていますから、これからそこの部分がどう描かれるのか見ものです。 ご存じの通り清和源氏の中でとりわ…

野党は「なんでも反対」という批判におびえすぎ、重要なのはリベラルの魅力を打ち出すこと、共産党との共闘は続けるべき

記憶に新しいが本来なら与野党の立場がもっとも分かれるべき予算案に本来なら野党の国民民主党が賛成に回った。 mainichi.jp これにはさすがに驚いた。自民党の補完勢力といわれる「ゆ党」の維新ですら反対票を投じたというのに。 玉木氏は「何でも反対野党…

ロシアがウクライナに侵攻ーまさか21世紀に入ってこんな光景を見るとは思わなかった

既にご存じのとおりロシアのプーチンがロシア軍にウクライナに侵略、攻撃を開始し事実上戦争状態となった。ロシアは2014年にもクリミアに侵攻し事実上併合したが、今回は首都キエフを含むウクライナほぼ全土に攻撃をしかけており、まさに全面戦争といっ…

三回目のワクチン接種ー私の場合ファイザー正直モデルナでなくてよかった...

相変わらず続くコロナーオミクロンの感染拡大状況に続き、最近はPCR検査をもすりぬける「ステルス」と呼ばれる感染力ならびに重症化率も高いステルスオミクロンBA.2の感染報告もある中、先日我が家に陽性者と「濃厚接触者」がいたこともあり、背に腹は代えら…

「鎌倉殿の13人」源平合戦の謎ー梶原景時はなぜ源頼朝を見逃したのか

「鎌倉殿の13人」 先々週から源平合戦が始まってますが、この源平合戦には多くの謎があるのですが、今日はその中の1つ 頼朝挙兵後、頼朝軍が伊豆国目代・山木兼隆を殺し、それに対し大庭景親は頼朝討伐に向い、大庭の一族の梶原景時はそれに従い、石橋山の…

家族にコロナ-オミクロン株陽性者発生ーそれの体験レポート

もう先週の話です。ちょうど1週間前 木曜から娘が大学から帰宅後のどの痛みを訴え、発熱はしなかったものの静養させました。 そして次の日家内が体調の不調を訴え、検温すると37.5度(!) ご存じの通り先週からオミクロン株の急激な感染拡大。その背景で…

第六波襲来!オミクロン株について正しく理解しようと試みる。重症化が少ないから『ただの風邪』と侮るのは危険

報道等でご存じの通り、コロナ感染者が年明けから急増している。 昨年の11月30日に日本国内でコロナのオミクロン株の感染者が見つかって以来外国人の入国を原則禁止する等の水際対策を徹底していたが、沖縄の米軍基地の観戦防止に対する非協力的な姿勢も…

「青天を衝け」最終回終了 一年間見ての感想 渋沢栄一の合本主義とSDGs

最近ネットやSNSで歴史関係の記事等が増えていることもあり、大河ドラマ、歴史ドラマに関する記事が減っていますが(汗)とりあえず今日は一「青天を衝け」の視聴者として単純に一年間見せてもらった感想を書きます。 まあネットによくあるドラマの内容を重箱…

衆院選の敗因分析ー野党共闘は間違っていないー野党共闘の徹底ができなかったことが問題

先日の衆議院選挙の結果は私も確かにショックで、メデイアの多くは「野党共闘は失敗」「見直すべきだ」との論調が専らだ。 だが今回の選挙結果を冷静に分析してみよう。 例えば小選挙区だが共産党の志位委員長の分析 なぜかメデイアでは誰も注目しないが小選…

野党4党選挙惨敗ーでも野党共闘は間違っていない。原因は「野党共闘」の戦略が不十分だったからー「行き場を失った」連合票を取り込む努力をせよ

衆議院選挙から1週間ー今回の選挙結果は大変なショックだった。正直一時途方にくれた。 だがなぜこうなってしまったのか。どうしてこういう結果になってしまったのか。冷静に分析してみる必要がある。 そしてある興味深い分析結果をみつけた。今回は自民党…

政権交代で凍結できる悪政5-国家の私物化と多数派を背景に自分の都合のいいように変える暴挙の連続政権

悪政シリーズの最後はわざわざ説明の必要がないだろう。 森友加計ーこれをいうと「まだもりかけ やってるの?」という人がいるがではそういう人に聞くがこの問題で一体何が解決したのか?何も解決していないし明らかになっていない。背景にあるのは 安倍晋三…

google.com, pub-3062244771962944, DIRECT, f08c47fec0942fa0