KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

新型肺炎コロナウイルスで日本中パニックー皆さんもう少し冷静になりましょう

新型肺炎コロナウイルス 日本政府はとうとう水際対策に失敗し今や感染拡大は避けられない状況になってきました。中国湖北省近辺の入国者の検査、隔離を怠りダイアモンドプリンセス号を事実上、新型肺炎コロナウイルスの培養施設にしてしまう等、あまりにもお粗末な対応が世界中から批判が出ています

www.telegraph.co.uk

そして昨日ダイアモンドプリンセス号に乗船した厚労省職員を検査せず公共の交通機関を使って職場に復帰させるという信じられない対応をしました。加藤厚労大臣は症状が出ていない職員については検査は実施しない方針を表明していましたが

news.tv-asahi.co.jpさすがにまずいと思ったのか事務作業に当たった同省職員41人に対し、ウイルス検査を行うと発表。

www.jiji.com

遅い。遅すぎます。

なんか今までの安倍政権の対応を見ますと意図的に新型肺炎コロナウイルス の感染拡大を図ろうとしているのではないか、という疑念を持ってしまいます。

そしてその疑念を持ったのは私だけではないでしょう。日本国民の大多数がコロナウイルスに対してパニックを起こしています。

マスクや手洗いは大事という認識は皆さんもっていますが、そのマスクが今どこも売っていません。

f:id:KyojiOhno:20200222173730j:plain
f:id:KyojiOhno:20200222174159j:plain


あとアルコール除菌もどこかの地上波番組でやったのか、マスク同様どこ探してもありません。特にスマホの表面とかコロナウイルスに感染しやすい、ということで皆さん持っているようですけどね

f:id:KyojiOhno:20200223122250j:plain
f:id:KyojiOhno:20200223122305j:plain
スマホの表面にコロナウイルスが付着しやすい、ということで拭くことをおすすめします

政府は来週にはマスクも大幅増産で市場にまわる、といっていますがなにせ政府のここまでやり方をみると到底あてにはなりません。

 しかし今の日本をみますと9年前の東日本大震災福島原発事故の時のような大パニックの様相を呈しています。デマやフェイクニュースが飛び交っている状態ですのでまずは「正しい情報」に基づいて冷静になって感染防止の対策を取るように心がけることが重要です。

非常によく整理されたウエブサイトがありますのでご紹介しましょう

note.com

いろんな情報が飛び交っていますが今私たちが新型肺炎コロナウイルスでわかっていることは

・感染力がとても強い
・新種のウィルスなので免疫を持った人がいない
・同じ理由で、ワクチンや有効な治療法がまだ存在しない
飛沫感染接触感染によって広がる(空気感染はしない)
・健康な人は、普通の風邪程度の症状で済む
・高齢者などの体の弱い人は肺炎などを起こして重症化する可能性があり、一部の人は命を落とす
・死亡率は場所によって異なるが、0.16%〜5.08% 

 そして心掛けるべきことは

・医療システムの破綻を避ける、1番の方法は、感染者を減らし、かつ、必要もないのに病院に行く人を減らすこと

少しでも体調が悪ければ、遠慮せずに学校や会社を休む

衛生的手洗いを心掛ける

 まずは私達にできることを心掛けましょう。特にハンドソープや施設に備えているアルコール消毒はこまめに行うことが重要で、頻繁に行うことが重要です.。

また先程のスマホの写真の掲載時にも書きましたが、スマホの表面はコロナウイルスが非常に付着しやすいという情報がありますので、医療施設や電車、人ごみの多いところでは可能な限りスマホをいじるのはやめておいた方がいいでしょう。万が一触らざるを得ない時は、スマホの表面と手洗いを徹底することが大事です。

何よりも健康な人、免疫力のある人は発症しにくいのでとにかく新型肺炎コロナウイルスが感染拡大したという情報だけでパニックに陥らないことが重要です

さて、マスクと手洗いはしばらく必須になりますが、問題はマスク自体がドラッグストア、コンビニ等で殆ど品切れになっていますので、自己防衛のためにマスクの手作りをお勧めします。

monokoto.jp

このウイルスのやっかいなところは感染したところで発症するとは限らない点です。症状がでなくても他人を感染させる可能性も高いです。

しかし多くの人が「普通の風邪程度の症状で済む」のであればそれほど過剰に恐れる必要もないかもしれません。(ですが高齢者や持病のある方、体が丈夫でない方への感染は絶対に避けなければなりません)

私が得た情報では皆さんの「免疫力」がこの新型肺炎コロナウイルスに対処する上でのキーワードになるような気がします。免疫力の高い人は発症する可能性も低いので日頃免疫力を高めるような食事を心掛けることも重要かも知れません

参考まで昭和大学の「免疫力を高めるレシピ」がありますのでこういうのも対処法として検討していてもいいかもしれません。特にカレーは免疫力を高めるとよくいわれますね。

www.showa-u.ac.jp

安倍政権支持は西高東低ー関西や西日本の人の「安倍真理教」のマインドコントロールを解くには

それにしても「桜を見る会」「IR汚職」検察の黒川氏の違法な定年延長 そして「意味のない質問」、「嘘つき」発言での国会紛糾。これほどまでに酷い国会は見たことがない。にも関わらず先週のNHK世論調査

支持するが45%  !!!??

www3.nhk.or.jp

さらに既にパンデミック直前の状態といわれる新型肺炎に対する安倍政権の対応ぶり本当に遅く感染拡大の道を作った。

そしてまだこの時点でこんなことをいっているのか?感染経路がわかっていない感染者が相当数いるというのに やっぱり安倍政権は馬鹿だ。対策も何もかも遅すぎる

www.nikkei.com「安倍政権は民主党政権よりマシ?」東日本大震災の時に確かに不手際は確かにあったが危機管理の内容は民主党政権の方がよほどマシだった。実際国民民主党の原口議員が何度も政府側に民主党政権時代の感染症対策の摘要を要請していたにも関わらず安倍政権は完全無視!!

いい加減安倍政権の洗脳(最近私は「安倍真理教」と呼んでいる」)による思考停止はやめてもっと現実を直視しろ、といいたい

さてその「安倍真理教」がどれだけ深刻かというとこれだけ新型肺炎による酷い対応であるにも関わらず安倍政権の支持率がまだ高水準に達している点だ

 

www.tokyo-np.co.jp

www.bloomberg.co.jp

不支持が支持率を上回るといってもいずれも40%代 (!!!)  つまり国民の半数近くがいまだ支持しているという数字である。

私は変な陰謀論には加担したくないのだがやはりこのデータ、もしかしたら操作されたものか捏造ではないのかという疑念も持たざるを得なくなる時がある。これらの世論調査はいずれもRDD方式という電話(携帯含む)に対する調査をコンピューターで自動計算するものである。もしRDD方式での正しいデータと仮定すると日本人の半数は小学校の漢字も読めない安倍晋三が違法行為をしようが嘘をつこうがどんなにメチャクチャなことをやろうが支持するというデータになる。

私が日本人の約半数は「安倍真理教」のカルト信者であるといっているのは日本国民の思考停止ぶりはここまで来るとカルト宗教なみに酷いといわざるを得ないためである。

また一方では地方紙の支持率の世論調査は軒並み20%代といわれるとこの数字との乖離は一体何なのだろうとどうしても思ってしまう。となるとやはり捏造ではないのかという疑念も頭をかすめる。

RDD方式は直接コンピュータ計算のため支持率の捏造は難しいといわれる。だが決して不可能ではない。考えられる方法は2つある

(1) 集計プログラムの不正改竄:

>集計プログラムを不正に改竄、操作すれば支持率だけ異様に高い数字を出すことは不可能ではない、世論調査会社に圧力をかけRDDの集計の不正プログラムで世論調査する方法。これだと内閣支持率は一定の数字よりは下がらない

(2) 集計出力後にデータ改竄

集計プログラムを出力後に担当者が支持率の数字を改竄してマスコミに発表させる

(2)の方法はしかしばれやすい。もし(2)の方法のような簡単な不正操作で7年間バレないということは逆に考えにくい。世論調査には膨大な数のスタッフが関わっているのですこしでもおかしいところがあれば普通は気づくだろう。

 

だが二年前の日経新聞の記事だが、地方にとって安倍政権の支持はこんなにも違うことが最近わかった。

f:id:KyojiOhno:20171211010556j:plain

都道府県別安倍政権の支持率(2017年10月 日経新聞

まずこれをみて思ったのは見事なほど西高東低である。山口県は安倍の地元だからやむを得ないとしても大阪、和歌山、奈良といった関西地区に安倍支持者が多いという点は理解に苦しむ。

2年前のデータなので現在多少違うかもしれないが、昨今の世論調査をみっても基本的には上のデータの傾向が変わっているとは思えない。

だがよく見ると山口県富山県、石川県、そして大阪もそうだが立憲民主党を始めとするリベラル政党の立候補がそもそも少ない県である。元々自民党が強い地域性もあるが、かつて自民党の強かった新潟、長野は立憲民主党、国民民主党の候補が強くなったことで政権支持率も低い。

となると上記の「リベラルが弱い」地域に野党候補を送り込み、何とか「安倍真理教」による洗脳を少しでも多くの人が解けるように野党に奮起を促してほしいものである。

 

麒麟が来るー室町幕府末期に名君になりそこねた将軍足利義輝

麒麟が来る 鉄砲の仕組みをもっと知るために京都の本能寺(明智光秀の人生を考えるとなんと因縁深い!)に出かける若き日の十兵衛光秀。その後因縁となる本能寺で光秀の盟友としても活躍する細川藤孝(後の幽斎)と一瞬剣を交えますがその時闘いを辞めさせたのが室町幕府13代将軍の足利義輝(1536-1565)になります。

f:id:KyojiOhno:20200216222017j:plain

足利義輝座像(国立歴史民俗博物館蔵)

 歴史に名君と記録される将軍や王はいますが、私はこの足利義輝は「名君になり損ねた将軍」と考えています。

名君というのは優秀なだけではなれません。運も実力のうちといいますが、運が伴わなければ名君にはなれません。歴史を振り返るとそういう人物が結構大勢います。

江戸時代の徳川将軍では徳川家宣(6代)、徳川家茂(14代)などは名君の器がありながら健康を害したために名君になれなかった将軍ですし、ヨーロッパに目を向ければローマ皇帝のアレクサンデル・セヴェルス、アケメネス朝ペルシアのダレイオス3世、オーストリアハプスブルグ皇帝のヨーゼフ2世神聖ローマ帝国フランツ・ヨーゼフ1世がそれにあたるかもしれません。よろしければ「名君になりそこねた君主」シリーズで書いてもいいですが、とにかく「運も実力のうち」というのはまんざら嘘ではないということを記しておきましょう。

さてこの足利義輝はすっかり権威や力がなくなってしまった足利室町幕府を何とか権勢を取り戻すべく悪戦苦闘の人生を歩みますが、とにかく足利室町幕府は日本の歴史の中でも最弱の政権ーそして応仁の乱もしくは明応の変以降に有名無実と化した室町幕府を何とか立ち直らせようと様々な知恵をはたらかせます。

またドラマでも少しそこの部分が触れられましたが、武勇に優れた将軍で剣豪として名を馳せていた塚原卜伝から指導を受けた直弟子の一人といわれます。

宣教師ルイスフロイスも「とても武勇すぐれて、勇気ある人だった」と評しているものの、幕府の権勢の衰えはいかんともしがたく、将軍を単なる傀儡の存在としか見ていなかった勢力にとっては将軍親政を行おうとする義輝は邪魔者でしかなく、松永久秀(古田鋼太郎)と三好三人衆によって暗殺されてしまいます。

暗殺時、義輝は「自ら薙刀を振るって戦い、人々はその技量の見事さにとても驚いた。その後はより敵に接近するために薙刀を投げ捨て、刀を抜いて戦った。その奮戦ぶりはさながら勝利を目前にしている者にも劣らなかった」(ルイスフロイス)と記されています。

十分な兵力と力があれば三好三人衆など蹴散らせただろうと思いますが、何せ生まれてきた時代と状勢が悪すぎた、ということでしょう。

この後15代の足利義昭室町幕府は終焉することになりますが、あまりに状勢が不利だった室町幕府の末期、足利義輝のような器の人物にとってもどうにもならなかった、ということでしょう。

義輝のような「名君になりそこねた君主」以後も機会はあれば書こうと思います。

 

麒麟が来るー戦国下剋上 守護、守護代、国衆から成長した戦国大名

麒麟がくる」 久々の戦国ものですが戦国時代中期で戦国下剋上が本格化する時代を描いています。先週も守護代斎藤道三が守護の土岐頼純を毒殺するシーンがあり、twitterでは本木雅弘が緑茶「伊右衛門」のCMをやっていることから「伊右衛門」がトレンド入りするほどのインパクトになりました(笑)

つまり本来は家臣であるはずの「守護代」が主君の「守護」を毒殺するということになりますが、室町時代の末期の領国の支配は以下のようなピラミッドになっていました。

f:id:KyojiOhno:20200202212216j:plain

室町時代末期の領国支配の構造

戦国で下剋上、つまり下の地位にいた者が上の地位の人間を追放したり殺害したりすることで、応仁、文明の乱(1467-1477) そして1493年の明応の政変以降、秩序が乱れ強いものが弱者を食う、いわば弱肉強食の時代に突入したのが戦国時代です。

守護というのは鎌倉幕府室町幕府が置いた武家の職制で各国で軍事、司法、そして荘園の年貢の半分を徴収することのできる半済の権利が与えられ強大化します。室町幕府の守護の多数は足利一族か足利家に近い者が多かったですが、守護の多くは幕府の中枢に関与し、領国を留守にすることが多かったため守護の代理で領国を支配する守護代という代官をたてました。そしてその守護代の下で地頭とよばれる地方の小領主が多くいたわけでその人たちを国衆と呼びました。


室町幕府が機能していた時はいいのですが(後程別記事で書こうと思いますが、足利室町政権は日本史上でも最弱の政権です)応仁、文明の乱、明応の政変以降有名無実となった室町幕府の弱体化にともない守護の力も弱体化しました。

加えて領国を留守しがちな守護と比べ、領国の実態を把握し軍事、経済、司法の実効支配を手にした守護代が力をつけてくるのはある意味自然の流れだったかもしれません。美濃の国の守護の土岐氏は地元の経済、軍事を実質的に握った守護代齋藤道三によってただの傀儡に過ぎなくなり、斎藤道三に逆らった土岐頼純は毒殺されたわけです。

とはいえ実力で実行支配したとはいえ本来の領主であった守護の存在は大きく、一番下の国衆はなかなか斎藤道三についてこなかったようで、その辺りも大河ドラマで描かれていました。それが後程斎藤道三の命取りにもなっていきます。

第一回で登場した松永久秀、さらにその主君の三好長慶などは下剋上の代表的人物ですがいずれも失意のうちに亡くなっています。

とはいえ守護代が守護を駆逐するというパターンは本当に多くなるのが戦国時代の特徴です。

尚、守護大名の全てが下剋上で滅んだわけではありません。没落したり滅んだりした守護も多いですがそれぞれの知恵を生かして生き残った守護もいます。主だった大名を揚げますと

京極氏ー後に光秀の盟友として登場しますが江戸時代に大名として存続

今川氏戦国大名として大きな力をもつが桶狭間の戦い織田信長に敗北して以降没落江戸時代に家康の計らいで高家として細々と存続

大崎氏戦国大名として成長、豊臣秀吉小田原征伐に義隆は参陣しなかったため、所領を没収され改易 滅亡

伊達氏戦国大名として成長、中興の祖の伊達政宗によって仙台藩62万石として存続

武田氏戦国大名の勇、武田信玄を擁したが織田信長によって滅亡、後家康によって再興

上杉氏戦国大名として成長、上杉謙信という名将も輩出、江戸時代米沢に転封、後上杉鷹山という名君を輩出

毛利氏戦国大名、名将毛利元就で戦国の勇、関ヶ原で西軍の総大将となるも長州30万石で辛うじて維持。明治維新では大きな役割を果たす

島津氏戦国大名関ヶ原で西軍に加わるも薩摩藩を維持、明治維新では長州藩と共に大きな役割を果たす

結構有名どころがいますね

ちなみに他、誰もが知っている戦国3傑ですが

織田信長尾張の国衆から守護、守護代を追放 後明智光秀の主君

豊臣秀吉ー農民から天下人になった日本歴史上唯一の人物

徳川家康ー 起源の松平氏三河の一国衆に過ぎなかったようです。最後麒麟を呼んだ人

3人のうち誰一人よい家柄の出身人物ではありません。戦国時代、乱世だからこそチャンスも多くあり出世の可能性もあったわけですね

 

麒麟が来る、今後どう描かれるか楽しみです

 

 

新型肺炎をわざと蔓延させて「緊急事態条項が必要」という世論をもりあげようと目論む安倍政権と改憲派の人でなしぶり

報道でもSNSでも「新型肺炎コロナウイルス」に関する報道が喧しい

WHOはこの「新型肺炎」に関して異例の「緊急事態宣言」を出した

www.nikkei.com

 そして例によってこの中にネトウヨや与党支持者の間から『野党は「桜を見る会」ばかりやって新型肺炎のことは何もしていない』といった類のデマが与党関係者だけでなくSNSでも蔓延した。

だがそれは全くのデマである。それどころ新型肺炎に全くなにもしていないのは政府与党、安倍政権の方だ。

f:id:KyojiOhno:20200201144039p:plain

そして実はf:id:KyojiOhno:20200201144022p:plain

                                       

   与党、安倍政権側 無視

この問題にいかに政府与党、安倍政権側の認識が甘く、対策に消極的かは国民民主党の原口氏の発言を見ればわかる。

f:id:KyojiOhno:20200201144454j:plain

安倍政権は民主党政権時代の法律など意地でも使うか、ということらしい。それでパンデミックが起きたら誰が責任とるのか?新型肺炎 で何もしてないのは与党と安倍政権といわざるを得ない

さらに

f:id:KyojiOhno:20200201145254p:plain

f:id:KyojiOhno:20200201145237p:plain

安倍政権側の認識が全く甘いといわざるを得ない

 

f:id:KyojiOhno:20200201151215p:plain

このように野党共同で新型肺炎に対する対策をよびかけている➡ 与党無視

 

f:id:KyojiOhno:20200201144514p:plain

 そう安倍政権側はわざと新型肺炎を蔓延させようとしている、としか思えない

 そして安倍政権、日本維新の会、政府与党は現行法での新型ウイルスの対応が可能で方法が山ほどあるにもかかわらず、それをやろうとせず、改憲論が降ってわいたようにでてきて「緊急事態要項の必要性」を問いだしたのである。

www.jiji.comつまりこういう図式だ

f:id:KyojiOhno:20200201145642j:plain

つまり安倍政権側がやろうとしているのは

  (1)  日本国内でわざと「新型肺炎」を感染拡大、蔓延させる

             ⇓

  (2)  新型肺炎に対する恐怖を煽り、国民が「緊急事態である」という認識をさせる

             ⇓

  (3)  改憲論をもりあげ「緊急事態条項」を憲法に盛り込む議論をまきおこす

             ⇓

  (4)                   改憲 (安陪晋三の悲願である「緊急事態条項」付)

 

緊急事態条項とはナチス政権時ヒトラーが独裁権を掌握できる根拠となった改憲である。安倍晋三総理大臣の長年の悲願であり、日本を戦前のレジームに戻そうとする動きを決定的にするものである

ironna.jp

考えて見て欲しい

数日前の「#募ってはいるが募集はしてない」発言を始め漢字もロクに読めない(云々を「でんでん」、背後を「せご」、市井を「しい」) そんな社会人として常識レベルの知識すら持っていない人間がアドルフヒトラーのような独裁権を掌握したらどうなるか

考えただけで恐ろしい、

そして今日本はその方向にまっしぐらに進んでいるのである

f:id:KyojiOhno:20200201151358j:plain

そうバカにつける薬はない。

底なしのバカ、救いがたいバカが今 この状況で総理大臣をやっている

国民の生命、健康を抵当にいれて自らの悲願である改憲を強行させようという極めて不埒なことをやろうとしている。

あえていう「人でなし政権」である。

日本国民は一体いつになったら目覚めるのだろうか

 

日本語が怪しい総理大臣に「安倍さん以外誰がいる」という洗脳を受けいまだに支持する日本人の愚

久しぶりに時代劇的な大河ドラマも始まったので、しばらく政治ネタは選挙が始まりそうな時まで少し控えようと思っていた。

しかし昨日の国会でのこの発言をみてさすがに書かざるを得なくなった。

ごぞんじ「#募ってはいるが募集はしてない」発言である

f:id:KyojiOhno:20200129163744j:plain

「募ってはいるが募集していない」の発言の場

いやー強烈だ

今まで数多くの意味不明発言してきたけど間違いなくこれまででトップのインパクトを誇る。凡人じゃこれ思いつかないよ 。云々を「でんでん」と読んだパターンを遥かにこえている。

おかげでtwitterでは #募ってはいるが募集はしていない がトレンド入りしさまざまなパロデイーもツイートされたが、なにせ元ネタがあまりに強烈すぎてこれを超えるのは至難のわざだ。

自民党の中で実質下野している石破もさすがにこの発言に驚き、呆れた表情を見せた。

f:id:KyojiOhno:20200129172317j:plain

「 募ってはいるが募集はしてない」の答弁を聞いた時の石破氏の表情

これだけ国会でも質問にまともに答えずこのような意味不明、理解不能な発言を繰り返しているにも関わらず、国民の半数近くがいまだに支持し「安倍さん以外に誰がいるんだ」とか「いつまで桜の会やってるんだ」などということをいう人間が後を絶たない

あえて私の言葉ではなくSNSでこの件に関した投稿を引用する

『救いがたい詭弁、新解釈:「#募っているが募集はしてない」‥桜を見る会 おまけに私物化「政府が正式な招待状を発送する前に、事務所が推薦者に事前通知」。 安倍さん以外に(総理を任せられる)人がいない・・・どんな認識の人たちなのだろう?』

 全く同意。

以下は新聞の記事だが「安倍さん以外に誰がいる?」という人に聞きたい

安倍晋三総理大臣はそもそも日本語が怪しい。昨日 twitterでもトレンド入りした「募ってはいるが募集はしていない」の件 以外にあと漢字もロクに読めない。背後を「せご」、云々を「でんでん」市井を「しせい」ではなく「しい』等と間違える。しかもこれらは「うっかり間違えた」というレベルではない。明らかに本当に知らなかったとみえる。その証拠に映像等で何回も繰り返し背後を「せご」、云々を「でんでん」と読んでいる。

これはとても一般社会の常識的な国語力を持っているとは考えにくい

こんな人物に「もっと大きな問題」を解決できる能力が本当にあると思うのか?

f:id:KyojiOhno:20200129172244j:plain

ー「安倍さん以外に誰がいる?」ー

 

これは完全な洗脳だ。思考停止な発言 にも程がある

日本社会が完全に狂っている証拠だ、

本当にどうして日本語をこんなにめちゃくちゃにした総理大臣がこんなに長くやってるんだ?一刻も早くまともな日本語がわかる総理が必要だ。

今日のこの発言を聞いて何とも思わない人がもし日本という国の大多数なら日本人の平均的な脳みそは完全に溶けている。社会の劣化が半端ではない。

日本はもはや崩壊寸前といっても過言ではない

大河ドラマ「(戦の世を終わらせる)麒麟が来る」で明智光秀の人生と今1つつながらないことが引っかかるーもしかして光秀=天海説を採用?

NHK大河ドラマ麒麟が来る」が当初の予定より1週間遅れて明日からオンエア開始。

www.nhk.or.jp

とうの原因を作った沢尻エリカはいまだ事務所をクビにはなっておらず寧ろエーベックス側の沢尻に対する手厚い保護が「やはり政権と何らかの裏取引があったのでは」という様々な憶測も呼んでいる。

いずれにせよ大河ドラマのキャスト・スタッフには大変な迷惑がかかったことは事実である。

さてその話はさておき、今回のタイトル麒麟が来る」だが「麒麟」とは仁政を行う王の元に現れるとされる伝説の動物であり、戦国の世にあっては戦をなくしてくれる王を示唆している。

だが我々は明智光秀がどのような人物だったかは周知のはずである。「本能寺の変」にて織田信長を討ち、「3日天下」のあと山崎の戦いで秀吉に敗れたという人生を歩むのである。

f:id:KyojiOhno:20171211214625j:plain
明智光秀 (? - 1582)

特に明智光秀=本能寺の変明智光秀=裏切り者というイメージが強烈であり3日天下で終わったとはいえ「戦国の世を終わらせる『麒麟』」のイメージとはやはりどうしてもつながらない。そこを今回の大河はどのように描くのか、興味あるところではある。NHKによると

最新の研究成果も踏まえ従来と異なる新たな解釈で戦国時代の物語を紡ぎ、光秀の謎に満ちた生い立ちにもスポットを当て、英傑たちの父親の時代をも描き斎藤道三足利義昭織田信長徳川家康らの蠢動から活躍を見せてゆく群像劇として制作する

としている 

ここで気になるのは「最新の研究成果を踏まえ従来と異なる新たな解釈」という点だ。

明智光秀の出生や若い頃の情報で信頼できる歴史書からの記述が殆どなく謎のままである。信長の家臣になる前は斎藤道三朝倉義景に使えたのは確からしいし、一時足利義昭にも使えたようだが、はっきりとした光秀の形跡は信長家臣になって以降の話。

そうあまりにも謎が多すぎる人物なのだ。本能寺以前の10年くらいしかはっきりとした人生はわからない

いずれにせよ戦国の世を終わらせ世の中に「麒麟」を呼んだのは徳川家康であり明智光秀ではない。これは史実として明らかである、

そのため今回のこの「麒麟が来る」というタイトルがどうしても頭の中で明智光秀とつながらない。何かこじつけをしない限り、だ。

だがひょっとしたら、という点がある

それは南光坊天海説」を今回の大河の光秀像に盛り込む、という点である。つまり「光秀は小栗栖で死なずに南光坊天海になった」という異説がある。天海は江戸時代初期に徳川家康の幕僚として活躍した僧だが、前半生は謎の多い人物だ。

確かに「光秀の首」というのも首実検で誰だがわからないほど腐敗していたし、死体も本当はどこにあるのかもわからない(諸説存在する)だから確実に死んだという証拠もあるわけではないのだ。

ja.wikipedia.org

勿論歴史学者でこの説を取り入れている人は私の知る限りいない。それゆえまだ「トンデモ説」の域を出ないという評価が普通だが、まさかここの部分まで描く、なんてことはないだろうと思うがどうだろう?

f:id:KyojiOhno:20200118120218j:plain

明智光秀と同一人物説がある「天海僧正

ただ光秀=天海説をとれば「麒麟が来る」というタイトルはすんなりうけいれられなくもない。とはいえまだ歴史学では認められている学説ではない。

いや、違うよな、 たぶん....  いくらなんでも、と思うが、まあ明日からの大河、どう描かるか、楽しみではあります。

 

f:id:KyojiOhno:20200118120345j:plain

 

google.com, pub-3062244771962944, DIRECT, f08c47fec0942fa0