KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

西郷どん最終回にあたりーあえて大久保利通について考える

西郷どん いよいよ最終回で西南戦争が終わり、西郷隆盛は自刃します。明治維新150年に当たる今年で明治維新というのは日本人にとってなんだったのかについては次回の記事に関して考察しようと思います。

 その西南戦争西郷隆盛を結果的に自刃に追い込んだ大久保利通についてあえてここで考えたいと思います。なぜかつて西郷とあれほど強い友情で結ばれた二人が対立し戦争という悲劇にまで発展してしまったのか

 鹿児島県内では未だ大久保に対する反感も根強くありこの西郷どんでまた大久保に対する反感も盛り上がってくるかもしれません。ではなぜ西郷が人気があって大久保が人気はないのかについて考えると単に西南戦争だけの問題ではないような気がします

 

ひとことで言えば政治手法が両者の人気を分けたような気がします

そもそも大久保と西郷は薩摩藩士時代から明治維新後まで盟友として共に活動し対立することは殆どありませんでした。その流れが変わったのは私は岩倉使節団の副使として外遊した後からではないかと思います。

f:id:KyojiOhno:20040402151218j:plain

大久保利通(1830-1878)

元々岩倉使節団江戸幕府が結んだ不平等条約問題を解決するための派遣だったわけですがその目的も達成できずに失意の帰国したのですが、その際外国の視察である強烈な指導者の存在を知ることになります。弱小国の集まりだったドイツを統一しイギリス、フランスに比べて遅れていた地域を近代化したオットー・フォン・ビスマルクです。大久保はこの時、ヨーロッパの後進地域だったドイツと当事の日本をある意味重ね合わせたのだと思います。

そしてその事が大久保の手法に変化をもたらしたような気がします。事実大久保と西郷の対立はこの岩倉使節団帰国の直後から始まります。朝鮮で日本国民保護(これが「征韓論」という解釈になっていますが、少なくとも西郷は朝鮮半島を武力攻撃したり征服したりなどということは一度も主張しておりません)に関して完全に対立。西郷も帰国した後の大久保が今までと違うということを感じたのだと思います。(そもそも明治に入り、いったん鹿児島に帰郷したのを呼び戻したのは他ならぬ大久保でした)

ビスマルクドイツ統一のために戦争を繰り返し文化闘争や社会主義者鎮圧法などで反体制分子を厳しく取り締まる一方、諸制度の近代化改革を行いヨーロッパに「ビスマルク体制」と呼ばれる国際関係を構築。後進地域だったドイツに強大な国家を作り上げました。

 一方ではかなり強権的な手法で押し進め反対派を抑圧しました。大久保はこの手法もそのまま取り入れ、実質独裁的な権力を握ります。何よりも国家を近代化しないと悲願の条約改正は不可能であることを肌身で感じた大久保はビスマルク的手法で国家の近代化を急ぐようになります。それが西郷にはある意味、大久保の豹変のように映ったのかもしれません。

一方もともと西郷は話し合いを元に政治を進める手法であり、大久保もそれは重々知っていたはずなのですが、ビスマルク的手法に固執する大久保と決定的な対立を呼ぶことになってしまいました。

f:id:KyojiOhno:20100929013303j:plain

オットー・フォン・ビスマルク(1815-1898)

理由はやはり近代化、富国強兵と殖産興業を急ぐ大久保の胸中があったのだと思われます。岩倉使節団の時に条約改正で全く相手にされなかったことがよほど精神的に答えたんでしょう。しかし焦りはやはり禁物

西南戦争を始め地方での士族の反乱、そしてその実質的な独裁政治から結局志半ばで暗殺されることになります。ドラマにも描かれたように「まだ何も成し遂げていない」という思いは強かったでしょう。

このように独裁政治で故郷鹿児島は勿論、一般的にも決して人気が高くない大久保ですが..

昨今の政治家と違い銭には潔白で私財を蓄えることをせず、それどころか必要だが予算のつかなかった公共事業には私財を投じてまで行い、国の借金を個人で埋めていた。そのために死後の財産が現金140円に対して8,000円もの借金が残り、所有財産も全て抵当に入っていたそうです。独裁的な権力を手にした大久保ですが私腹を肥やすことは一切していません。

そして勿論かつての盟友の西郷隆盛の死を聞いた時、ドラマの泣き方とは違いますが号泣し、時鴨居に頭をぶつけながらも家の中をグルグル歩き回っていた(この際、「おはんの死と共に、新しか日本が生まれる。強か日本が……」と呟いたという記録が残っているそうです)

版籍奉還廃藩置県から廃刀令、地租改正、学令といった改革を打ち出し、結果的に憲法や議会を作ることも視野にいれていたといわれ、その作業は伊藤博文が引き継ぐことになります。しかし明治の元勲といわれながら生きて条約改正や憲法発布をみることはできませんでした。

明治維新ーそれはあまりにも大きな代償、犠牲によって成し遂げられた革命である、と考えます。明日の記事でいよいよ明治維新についての私なりの総括を書こうと思っています

ヨーロッパ取材旅行ー決して「セレブ」のためではなかった客船の旅

業務上でドタバタしてしまい更新が遅れてしまいましたが.

今回のポルトガルからスペインの旅には2つのプロジェクトが背景にありました。

1.BSテレビ朝日「世界の船旅」の取材、撮影

2.番組のスポンサーが計画する客船ツアーのVP(商業映像)の撮影

その関係で情報を可能な限り正確に把握する意味で多少語学ができる私が取材旅行に同行することになりました。スポンサーが売り出したいのは再来年、日本に来航するオーシャニアクルーズの「マリーナ号」です

f:id:KyojiOhno:20181214111415j:plain

オーシャニア クルーズのマリーナ クルーズ船 | マリーナのデッキ見取り図 | オーシャニアクルーズ

私も客船に乗船するというのは初めての経験でしたが、おそらく大多数の人が豪華客船に乗る人は「超セレブ」「ハイソ」な人、というイメージを持っていると思います。

正直私も今回の取材をする前はそう思っておりました。そして実際なかにはそういう人たちしか参加できない客船クルーズも少なくないのだと思います。ところがこのオーシャニアクルーズに関して言えば全くそういった先入観はあてはまらない、ということが実際取材してわかりました。

客船に関しては私は詳しいわけではないので、あくまでオーシャニアクルーズに限った話ととらえていただいて結構です。

客船の乗客の殆どがリタイアした老夫婦でした。主にアメリカ、カナダ、ヨーロッパでリタイアした人たちがのんびり客船で楽しく旅をしようという人たちで、他の客船はわかりませんが、このオーシャニアクルーズの特徴としては「リピーター」が多いという点で、多い人は12回もこの客船に乗っている人がいました。皆さん表情が明るく船の旅自身を楽しんでいることがわかります。やはり船から大海原を見ると心が広くなるんでしょうか?

f:id:KyojiOhno:20181214114129j:plain

マリーナ号からの海原、地平線上に見えるのがアフリカ大陸と思われます


今までのイメージだと「セレブ」や選民意識に凝り固まった人しかいないのではないか、と勝手にイメージしていましたが、少なくともこのマリーナ号の乗客にはそういう人たちは一人もいませんでした。

結構取材班や一般のインタビューなどを見ると日本だと、眉をひそめたり「ウザったい奴ら」であるかのようにテレビ取材班を見る向きが少なくないのですが、マリーナ号の乗客は皆気さくに私達に語りかけて、インタビューにも驚くほど協力的でした。

またマリーナ号のクルーも全世界のあらゆる国出身のインターナショナルなクルーで主な会話は英語でしたが、非常に訓練されたクルーでした。今回の取材に関しても非常に協力的になってくれておかげで取材は極めて順調に進みました。

乗客のリピーターが多い理由の1つに優秀でフレンドリーなクルーを揚げている乗客も少なくありませんでした。かれらを見るとよくわかります。

マリーナ号の売りの一つが高いクオリティの料理です。実際我々も賞味させていただきましたが、どの料理も一級品といっていいでしょう。グランドシェフ(料理長)はホテルの料理長も努めたフランス人シェフであることからも料理のクオリティがわかります。

f:id:KyojiOhno:20181214115030j:plain
f:id:KyojiOhno:20181214115044j:plain
f:id:KyojiOhno:20181214115126j:plain
f:id:KyojiOhno:20181214115140j:plain
左はスズキのロースト(フレンチ)右は東洋創作料理でマグロのタタキと鮨
f:id:KyojiOhno:20181214115310j:plain
f:id:KyojiOhno:20181214115322j:plain
こちらは筆者の個人的趣味、トムヤムクングリーンカレー(ご飯が茶碗で来るのが面白い) 

今回の取材 で感じたのはリタイアしてのんびりしたいと考えている主に欧米の乗客を見て、彼らは経済的ゆとりというよりは「心のゆとり」のようなものを感じた点です。

客船の乗船費用というと1000万くらいあるのでは、というイメージがありますがこのマリーナ号はなんとレギュラーでしたら一人頭2510ドル(約30万円)、スイートにも何種類かありますが、だいたい120-200万円ですがそんなにべらぼうな価格ではありません。そして船内の食べ物は全て無料(アルコールドリンクは別途費用がかかります)で当然場所の移動もできるわけですから決して「手が届かない」価格ではないわけです。寧ろコスパという観点でいえばかなりいいと考えていいでしょうね

ですから「セレブのゆとり」ではなく「心のゆとり」のようなものを乗客に感じるわけです。

最近の日本人見ると、いつも気が立っている人がいたり、電車等でもしょっちゅうケンカが起きる等、今の日本人はすっかり「心のゆとり」というものを失っている気がします。余裕がないと思考も発想も硬直しがちで柔軟な発想が日本社会全体ができなくなっている印象があります。

それを考えると今の日本人が失った「心のゆとり」というものをこの「マリーナ号」で感じることができたのはなにかよかったような気がします。仕事で撮影は分刻みで大変でしたが、ちょっとしたバカンス気分を味わうことができました。正直テネリフェで下船する時は寂しかったですね。このままリオデジャニイロまで乗っていたいと本気で思いました。

最後に船でしか撮れない写真を二つ

大海原での夕焼け

f:id:KyojiOhno:20181214121120j:plain

そして朝焼けです。まるでクロードモネの絵のようです

f:id:KyojiOhno:20181214121154j:plain

心の余裕を失い、思考も硬直化、他人に対するフレンドリーな気持ち

そういうものを現代の日本人は失ってしまったように思います。先進国から後進国に転落している国の実態をこういう観点からも見ることができます

ヨーロッパ取材旅行4ーカナリア諸島 テネリフェ島

客船マリーナ号の旅、本来はリオデイジャニイロまで行くんですが、我々テレビ取材班はここで下船いたします。
 
カナリア諸島テネリフェ、先日のアレシフェと違い結構都会です

f:id:KyojiOhno:20181211131857j:plain

温泉はありませんが見かけは何となく日本の熱海に似ています

f:id:KyojiOhno:20181211132006j:plain

このテネリフェには町全体が世界遺産というラグーナがあり、今回の主な取材活動はこの街を中心に行われました。
正式名称はサン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナで特にこのラグーナの歴史地区はスペインが新世界で築いた最初の非要塞型都市であり、それ以降のラテンアメリカの大都市の建築のモデルにもなりました。ラ・ラグーナには18世紀までに築かれた山の手地区と下町地区の美しい町並みが保存されていることから1999年 街全体が世界遺産に登録されました。
ラ・ラグーナには18世紀までに築かれた山の手地区と下町地区の美しい町並みが保存されていることから、世界遺産に登録されています。
f:id:KyojiOhno:20181211132803j:plain
f:id:KyojiOhno:20181211132820j:plain
世界遺産に登録されているラグーナの街並み。右写真中央がレルカリオ宮殿
そこには、木製のバルコニーと建物の中心を木々の茂る中庭が占めることに特徴付けられる、典型的なカナリア様式の多くの建造物群が存在しています
f:id:KyojiOhno:20181211133156j:plain
f:id:KyojiOhno:20181211133210j:plain
f:id:KyojiOhno:20181211133435j:plain
f:id:KyojiOhno:20181211133459j:plain
サンクリスタル デラ ラグーナ 大聖堂(外から)

ステンドガラスが綺麗です。まさに別世界

f:id:KyojiOhno:20181211133618j:plain

f:id:KyojiOhno:20181211133633j:plain

正式名称ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロス・レメディオス大聖堂。1823年ですから以外に新しい教会ですね
ステンドグラスです

f:id:KyojiOhno:20181211133901j:plain

 
f:id:KyojiOhno:20181211133920j:plain
f:id:KyojiOhno:20181211133937j:plain

このテネリフェで我々は下船します。
明日の記事では今回の船旅の概要とその所感について述べます。

ヨーロッパ取材旅行3ーカナリア諸島 アレシフェ島

マリーナ号の第二の寄港地はカナリア諸島アレシフェです

カナリア諸島スペイン領でアフリカ大陸のモロッコから100-500Kmくらいの距離にあります。このカナリア諸島は二か所寄港しますが、最初はアレシフェ島です。火山でできた島でここに示されている山の殆どは元火山です

f:id:KyojiOhno:20181210221616j:plain

f:id:KyojiOhno:20181210225422p:plain

 

f:id:KyojiOhno:20181210221651j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210221704j:plain
カナリア諸島アレシフェの山

土地も痩せていて、住民が悪戦苦闘しながら生活していたようです。何せ土地の表面の殆どが火山灰で覆われていて、それをさらに掘って農耕用の土地を耕すため、かなり大変だったようです。

雨もあまり降らないため水でもかなり苦労していたようです。家の殆どには貯水用のタンクがあって生活用水に使っていたようですが、基本的に足りず1960年になってようやく海水を生活用水に変える装置ができて島に水が普及したようです。但し飲み水はやはり輸入にたよっており、この島で水が貴重な事情は今も昔も変わらないようです。

実質的に砂漠に近い状態なのでサボテンが生えています

サボテン園です、

f:id:KyojiOhno:20181210222229j:plain

f:id:KyojiOhno:20181210222254j:plain

サボテン園

なんとこのサボテンを食べるそうです。
おいしいんですかね? 苦いと思いますが...

カナリア諸島はモロッコに近いということもあり、映画「カサブランカ」のような白い家が多いです。法律で決められているわけではないんですが、島の家は白にしなければならないという不文律があるようです。

f:id:KyojiOhno:20181210222618j:plain

f:id:KyojiOhno:20181210222709j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210222722j:plain

資源の乏しいカナリア諸島アレシフェ

火力発電所もありますが風力発電所も多いです。スペインだけでなくヨーロッパ全体が再生可能エネルギーに転換しています。
日本だけですね。原発再稼働論が強いのは。それだけ日本は遅れているといえます。

f:id:KyojiOhno:20181210222916j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210222930j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210222954j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210223008j:plain
アレシフェに多数ある風力発電

あとアレシフェ島が生んだ世界的芸術家のセサール マンリケの家が美術館としてオープンしていました。前衛芸術家としてピカソ岡本太郎とも親交があった芸術家です

残念ながら自宅近くの交差点で自動車事故により1992年に亡くなりました

f:id:KyojiOhno:20181210224533j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210224550j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210224607j:plain
セザール マンリケ美術館
f:id:KyojiOhno:20181210224720j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210224741j:plain

小さな島ながら見どころはいっぱいだったアレシフェ島でした、

10時間の停泊のあと島を後にしました

f:id:KyojiOhno:20181210224900j:plain

 

ヨーロッパ取材旅行2ー西ヨーロッパ最古の街 カデイス

今回はBS朝日「世界の船旅」の撮影の仕事でこの「マリーナ号」に乗り込んで各地の寄港地のレポートを書いています。

www.bs-asahi.co.jp

船はポルトガルリスボンを出発して南米のリオデジャニイロまで行く予定ですが私達は都合により途中下船します

f:id:KyojiOhno:20181210213120j:plain

オーシャニアクルーズの客船マリーナ号

リスボンを発って翌日、第一寄港地としてスペインだけでなく西ヨーロッパ最古の街のカデイスに到着しました

f:id:KyojiOhno:20181210213245j:plain

西ヨーロッパ最古の街カデイス、正面に見えるのが大聖堂

 カデイスは日本人にはあまりなじみのない街ですが、紀元前10世紀頃、地中海交易で活躍していたフェニキア人が築いた拠点がカディスの起源とされ、コロンブスカディスより第2回目と第4回目の航海に出た街としても知られています。

今回は街の取材なのですが、コロンブスにゆかりの深い街でありながらあまりコロンブスにちなんだ史跡というのは見つかりませんでした。

まず先程のカデイス大聖堂

f:id:KyojiOhno:20181210214304j:plain

カデイス大聖堂

何でも建設だけで100年近い歳月がかかったそうです。残念ながら中は撮影不可でした。

カデイスはヨーロッパ大陸とアフリカ大陸を隔てるジブラルタル海峡の近くにあり、貿易としても重要拠点でしたので、絶えずイギリスによる侵攻による脅威にさらされていました。その防衛拠点だったのがサンカタローニャ城です。

f:id:KyojiOhno:20181210214810j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210214827j:plain
サンカタローニャ城

カデイスの町並み、ヨーロッパ最古の街の1つだけあって風情があります

f:id:KyojiOhno:20181210215237j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210215252j:plain
カデイスの街並み

一台やっと通れる道幅に通る自動車

なんと街路樹がオレンジ
実がなっています。そうカデイスはオレンジで有名なアンダルシア地方なんですね

f:id:KyojiOhno:20181210215427j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210215443j:plain
カデイスの街並み2

停泊時間が短かったのでカデイスの訪問はここまでですが、番組では地元で有名なケーキ屋さんとかレポートしています。まだオンエア時期は決まっていませんが、是非お楽しみに。

ヨーロッパ取材旅行ーポルトガル リスボンレポート

某BS番組の仕事でTVクルーに主に通訳として同行した関係で10日間のヨーロッパの旅をしてきました。

具体的な内容は番組やスポンサーの意向とバッテイングするためここでは触れることができませんが、立ち寄った街に関して番組に差し支えない範囲で記します。

今まで北ヨーロッパは行ったことがあるんですが、今回はポルトガル→スペイン→カナリア諸島 と南ヨーロッパに初めて行きます。

日本から飛行機で乗り継ぎ含め16時間と遠いですが観光地として非常に人気があるリスボン、その理由は町並みを見れば明らかです

f:id:KyojiOhno:20181208215205j:plain
f:id:KyojiOhno:20181208215305j:plain

 

 

f:id:KyojiOhno:20181208215356j:plain

石畳みの道はいかにも古いヨーロッパの街並みらしいです。

f:id:KyojiOhno:20181208215430j:plain

リスボンの海沿い近くのサンオーガスタ広場です。

 

f:id:KyojiOhno:20181208220440j:plain
f:id:KyojiOhno:20181208220513j:plain
リスボン路面電車.

結構いい感じです。

エコの関係から世界的に路面電車見直されてますね。東京でも荒川線以外に旧路線の復活が検討されているそうです。

f:id:KyojiOhno:20181208222449j:plain

リベイラ市場

 ここでリスボンのグルメ情報。リスボンに行けば必ずこのお菓子を食べてください

f:id:KyojiOhno:20181208222634j:plain
f:id:KyojiOhno:20181208222908j:plain
ポルトガルの人気お菓子 ファブリカ・デ・ナタ

卵白ベースのカスタードクリームをタルトに入れオープンで焼いた焼き菓子
かつては特権階級のものだったのが市民革命で広がったためポルトガル国民にとっては自由の象徴です。写真にはありませんが、これにシナモンをふりかけます。大航海時代にリードしたポルトガルらしいですね

あとなぜかポルトガルですがお隣のスペイン料理で有名なパエリアとサングリア。スペインとポルトガルはいわば兄弟のような間柄でもありますからやはり近いんですね。実際私は英語と比べるとスペイン語はやや落ちるんですが、私のスペイン語でも十分通じました。

f:id:KyojiOhno:20181208223624j:plain
f:id:KyojiOhno:20181208223647j:plain
f:id:KyojiOhno:20181208223704j:plain
パエリアとサングリア

シーフードの「マリスコ」と実は麺のパエリアもあるんですね。イタリアのパスタも無数の種類(家庭のマンマミーアパスタがあるように) パエリアにも無数の種類があります。サフランの香りが香ばしい。地元のムール貝も身が大きく絶品。嬉しいのはオリーブの実は缶詰ではなく天然の種入りオリーブ。最高に美味でした。

街並み撮影とはいえ真昼間からサングリアを飲める幸せ。勿論お店の自家製。リスボンの旧市街を見ながらの最古に贅沢なランチでした。

リスボン市内は多数の観光名所があるんですが、滞在期間が限られるので思ったほど撮影は限られました。今回は世界最古のエレベーターといわれる「サンタ・ジュスタのリフト 」も取材したんですが、残念ながら番組とバッテイングしてしまうのでその姿はお見せできません、リフトの頂上での記念写真だけで勘弁して下さい。

f:id:KyojiOhno:20181208224248j:plain

サンタ・ジュスタのリフトの頂上、左写真奥に見えるのは古代フェニキア人がやサンジョルジュ城

実はこのBS番組は世界の客船をレポートする番組なんですが、リスボン滞在2日目の夕方に出航してリスボンを離れます。2日しかいれませんでしたが実にいい街でした。間違いなくまた来たい街の中に入ります。古い町並みを残してる景観は素晴らしいです

f:id:KyojiOhno:20181208224925j:plain

さらばリスボン

f:id:KyojiOhno:20181208224951j:plain

今度は仕事ではなくプライベートでゆっくりしたいです

ちなみに都合により出航が遅れ、一時間近く遅れてしまい出航の映像だけ思うように撮れませんでした。まあこういうこともあります

f:id:KyojiOhno:20181208225128j:plain

 

オリンピック→万博 あまりに違いすぎる高度成長期と現代ー歴史は繰り返さない

既にご存じの通り「大阪万博」開催が昨日決定した。大阪の誘致委員会は大はしゃぎしているが、

f:id:KyojiOhno:20181125174853j:plain

2020年の東京オリンピックの後の大阪万博、いうまでもないが高度成長期の時のパターン

1964 東京オリンピック
1970 大阪万博

        
2020 東京オリンピック
2025 大阪万博

だが高度成長期の成長を指せた1960年代とバブルの後の経済低迷からいまだ立ち上がることができない現代では同じ取り合わせでも全く状況が違う。松井知事を始め誘致委員会は「60年代、70年代の夢よもう一度」などと考えているかもしれないが、もしそうだとしたらあまりに能天気をいわざるを得ない

そもそもオリンピックでも万博でもそんなに経済の波及効果が期待できるだろうか?既に東京オリンピックでも異常なほど膨らんだ新国立競技場の金が国民の税金への膨大なツケとなるのはこのままいけばほぼ確実だ。オリンピック委員会のメンバーは額の家賃が必要な建物にオフィスを構え、高額な報酬を取っている。

そして今回の万博、たぶん同じやりかたで運営されるのであろうと推測される。こんなことでは「夢がもう一度来る」どころか、大変な後遺症をもたらしたり、無意味な浪費と、負債を残ス可能性が高いといわざるを得ない。

実際万博に沸いて喜んでいるのは政府系か保守系のメデイアだけでそれ以外の私が良識があると考える人たちの見解はみな批判的だ

news.yahoo.co.jp

www.asahi.com

もうだいぶ前だが当ブログでもこういう記事を書いた

kyojiohno.hatenadiary.com

2年後のオリンピックそして2025年の大阪万博、高度成長期と違い経済の発展力がもはや世界でも最低レベルとなった日本でのこの動きは「後進国」に転落まっしぐらの日本が悪あがきしながら、更に奈落の底に落ちていく

なんかそんな状況を見るような気がする。

次の世代では返しきれない膨大な借金を残し、ハイパーインフレを引き起こしかつて後進国で見たような悲惨な生活ぶりに日本人の大多数が陥る。

そうならないで欲しいが、その可能性が少なくないのを感じるのは私だけであろうか?

高度成長時代の「夢」の繰り返しを期待するのは愚の骨頂、歴史は繰り返さないのだ