KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

北朝鮮ミサイル発射で起きた日本国内のパニック狂詩曲

ご存じの通り北朝鮮は8月29日午前6時頃、弾道ミサイルを発射し日本上空を飛び越え襟裳岬東約1180キロ・メートルの太平洋上に落下したとの情報が入った

f:id:KyojiOhno:20170829122428j:plain

f:id:KyojiOhno:20170829125550j:plain

朝からテレビを始めSNS,等で大騒ぎ、

特にJアラートが発信された時には北海道上空を,既に通過していたことからミサイルが実際に日本国内に着弾したらどうするんだ、とかまあネット、SNS,テレビで大騒ぎ、

まるで今にも戦争がおっ始まるかのような狼狽、パニックぶりである

地上波のテレビ、ワイドショーもまさにそのパニックを煽るような報道ぶり。内容をみるとかなり酷い、といわざるを得ない

気になるのはこの大騒ぎの中で「冷静になりましょう」という声が少ないこと

あってもかき消されたのかもしれないが、私は日本全体のパニックぶりの方が今回気になる。それに引き換え日本国内の保守派、とりわけ安部政権の支持派は「それみたことか」という感じで北朝鮮ミサイル発射のニュースを寧ろ喜んでいるかにみえる。

だが改めていう 「もっと冷静になろう」

なぜなら

・日本上空通過ミサイルは今回が初めてではない

そもそも北朝鮮が日本上空を通過するミサイルを発射したのは今回が初めてではない

北朝鮮が初めて日本列島を飛び越える射程の弾道ミサイルを発射したのは、1998年の長距離弾道ミサイル「テポドン1号」の発射の時だ、射程は1500キロ以上とされ、このときは弾頭部分が日本の上空を越えて三陸沖の太平洋に落下した。

その時も勿論大きな驚きを持って迎えられたが、今回のようなパニックにはなっていない

その後何回か北朝鮮は同様の長距離ミサイルを発射したが、いずれも失敗しているようだ。今回の長距離は1998年以来19年ぶりのことだ

勿論我が国に対する脅威にならないという意味ではない

だが日本人全員が重要なことを見逃している

北朝鮮の本当の攻撃対象は日本ではない、アメリカだ

北朝鮮がこれだけ制裁を受けながらもミサイル発射を繰り返すのは、アメリカを引きずり出すためだ。本気で他の国を攻撃するのなら、攻撃する相手は日本ではなくアメリカだ。そのため長距離ミサイルでグアムかアラスカを狙う公算が強い

今日のミサイルは公海に着弾したため、まだいいが日本と違い、アメリカの排他的経済水域(EEZ)に着弾した場合はアメリカは「北朝鮮からの攻撃とみなす」可能性大である

もしそうなれば最悪の事態に発展する。

だがそういう事態になる前にアメリカ、中国、ロシアの間で何らかの手をうつと思われる。

・8月14日の「制裁強化」の効果は?

北朝鮮はこれまで30発以上のミサイルを発射している。費用だけで数百億円はいくだろう。世界最貧国の北朝鮮がなぜそこまでして大金はたいてミサイル発射をつづけるのか

加えて8月14日の国連の制裁決議、北朝鮮からの石炭などの輸入を全面的に禁止は制裁に反対すると思われた中国やロシアまで賛成に回った。北朝鮮からすれば輸入が3分の2、つまり収入が3分の2になるわけだから、ミサイル資金に影響を与えないはずはない。

問題はいつまでこれを続けられるのか、だ

あとそれ以前の北朝鮮への制裁もボデイブローのように効いているはず

例え金正恩が力で北朝鮮国民を押さえていても、果たして抑え切れるのか、この状況を乗り切れるのか。今までは乗り切ってきたがここまで中国、ロシアまでが制裁に賛同する点までは北朝鮮は考えていなかったのではないか?

たった1つの国のために不安定になっている東アジア状況

解決の糸口は出てくるのだろうか