KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

憲法改正で日本を戦前に戻そうとしている自民党ー正気か?

あまりこういう記事は私だって書きたくない、だけど書かざるを得ない。

今度の選挙で勝利し政権を取る可能性がきわめて高くなった自民党の『日本国憲法改正草案』がまとまったそうだがその内容はまさしく目を疑うような内容だった。安部伸三の国家主義的傾向はわかっていたがここまでひどいとは
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

自民党憲法改正案の本質
 自民党憲法改正草案が発表された。日の丸を国旗、君が代を国歌と定め、自衛隊国防軍と位置づけるなど、従来からの主張を鮮明に打ち出している。それはそれで大きな問題なのだが、私が一番気になったのは、基本的人権を守ろうとする姿勢が大きく後退していることだ。
 例えば第21条は、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」との現行規定に「前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」という条文を追加したのだ。
 これだと権力者が「公益及び公の秩序を害する」と判断したら、表現の自由が許されなくなってしまうことになる。ファシズムもはなはだしいのだ。

第12条にも「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない」と書かれている。
 結局、秩序優先、公益優先で、権力者の意向次第で、国民の基本的人権は制約されるというファシズム、極右の世界観が、この憲法草案の基本理念なのだ。


 わかりやすく書くとこうなる


改悪された日本国憲法改正草案
現行憲法

第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない
第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
(人としての尊重等)

十三条 全て国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。
十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第二十九条 財産権は、保障する。
2 財産権の内容は、公益及び公の秩序に適合するように、法律で定める。この場合において、知的財産権については、国民の知的創造力の向上に資するように配慮しなければならない。 第二十九条 財産権は、これを侵してはならない。
? 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める

あとこんなものもあります。よほど戦争したくてしょうがないらしい

これらを見て思うのは実は自民や維新の支持が広がっている背景にB層の動向があります。

かつて小泉政権を熱烈に支持し、そして民主党政権交代にも大きく寄与したが、そのB層が今度は自民や維新の極右の方向に流れているようです、

「民主がアホで頼りないので、リーダーシップのある自民を支持しよう。あ、橋下&石原も日本変えてくれそう」という単線志向の発想と思われますが、やっかいなことにこのB層、数的に非常に多いという問題がありこの層が暴走すると選挙の結果もなだれのように移り変わってしまう、という恐ろしい状態になります。

B層は特にロスジェネ世代と高齢者に多いといわれ、選挙に行く率が比較的高い層でもあります。

しかし声を大にしていいたいのは
雰囲気や思い込みで投票するのではなく、自分達が何を選ぼうとしているのか多角的な情報を見つつ、もう一度考えてほしい、

ということです。

基本的人権がなくなる、ということはどういうことか?

徴兵制とはどういうことか? 自分の子供をあなたは喜んで戦場に送れますか?

もっと想像力を働かせてじっくり考えていただきたい