KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

政党乱立!! 各政党の「原発再稼働」「消費税」「TPP」現時点での

さて昨日衆議院が解散しました。

12月4日の選挙公示、12月16日の投票日が確定しました。東京の場合は都知事選挙とのダブル選挙となります。

3年前の選挙と大きく違うのは大きな政党ではなく小さな政党が乱立している点です。15の政党が乱立している状態でどの政党がどういう政策姿勢を取るのか確かにわかり辛いかもしれません。

選挙の争点は明らかです。

「消費税増税」「原発そして「TPP」です。その各党の姿勢を整理したのが下のリスト。とある方が作られましたのでシェアさせていただきます。皆さんの選挙の投票の際にご参考になれば幸いです

民主党の野田と維新の会の橋下、みんなの党の渡辺は特にTPPに対して積極的です

今回の選挙で個人的に怖いのは今有権者の中に2つの好ましくない流れが存在しているからです。

1つは「民主党」でダメだったからまた「自民党」に戻そうという流れ

正直野田政権は以前の自民党政権うり二つどころか自民党政権よりひどい政権だったと思います。だからといって「自民党」主体の政権に戻すことは時計の針をもとに戻すのと同じ行為で結局は霞が関の官僚たちを喜ばすだけです。自民党復活」は官僚や「族議員」政治の完全復活、そして国家主義的な流れの加速を意味します。まあネットウヨあたりは喜ぶでしょうが私は願い下げですね。

もう1つ今回の選挙で懸念するのは第三局、とりわけ維新の会と石原前都知事の「太陽の党」(事実上維新の会に吸収され消滅します)に対する勘違い的な期待をする人が少なくない、という現実です。

昨日マスコミでとある記者が「前回は民主党に関してマスコミがかなり煽ったが今回は日本維新の会を含めて冷静な報道をしている」などと発言していましたが本当にそうでしょうか?私には石原と橋下の維新の会中心に選挙関係の報道が進んでおり、、しかも彼らこそが真の改革をするかのような報道をしているように見えます。 これは非常に危険な兆候です。

実際維新の会の「維新八策」の内容をご存じの方はどれだけいらっしゃいますか? 日経新聞がまとめたものをご覧ください。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC3103B_R30C12A8000000/

よく見ると項目同士で矛盾した内容が見られますし、間違いなく小泉+竹中の新自由主義憲法改正タカ派路線、そしていわゆる誤ったグローバリズム認識。
はっきりいって維新の会政権は小泉政権よりひどい政権になるのはほぼ間違いないですね

確かに今の日本には改革が必要ですし、結局一番の牙城である日本の官僚機構の改革は全くてつかずのままです。だから変化がほしいという気持ちもわからないではありません。

しかし変わるにしても「どう変わるのか、何を変えるのか」ということをきちんと見分けないといけません。
どうもただ変われば次は自動的によくなる、などと短絡的に考える人間が少なくないことを感じます。

小泉政権の時も民主党政権の時も有権者はそう考えて騙されてきました。
しかし世の中にはまだ騙され足りない人がいるようです。(特に「ロスジェネ」世代にこういう人が多いらしいです)

上記の表がそうした安易な選挙向けの候補者のリップサービスに騙されないための1つの参考になればいいな、と思います。

とにかくよく考えて投票 しましょう。 

ただ変わってももっと悪く変わったら元も子もないです。小泉政権の時どうなったかもう一度思い出してください