KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

平清盛ー嵐の一門ー存在感のある悪役、頼長が光る

久々平清盛の話題です。

例によって低視聴率とかが騒がれていますが、今日もなかなか面白かったですね。何度も書きますが平家物語の影響で歴史上の悪役のイメージの強い清盛、そして平安時代という、戦国大名の時代などと比べるとそれほどなじみがない時代を描いている、さらに兵庫県知事の罵詈雑言などが影響しているといわれていますが、私的には世間の無責任な雑音には惑わされず、当初の方針にのっとったクオリテイの高いドラマを作り続けて欲しいと思っています。

そもそも元々歴史にそんなに興味のない人も少なくないし、歴史を好きになったつもり(?)のにわか歴女(大半が単なるイケ面俳優おっかけの変形)の雑言が寧ろ喧しかったので、そういう雑音に惑わされずにドラマを楽しみたいものです。

さて家盛の死で一門が荒れている時の平家が荒んだ様が描かれ(少し家盛のあの死に方がよくわからないですけどね)そんな中での高野山の塔の建設という重役を担う清盛ですが、元佐藤義清の西行さん、出てくれましたね。出家して坊主(スキンヘッドと決していってはならない(笑)) になっていましたが、これから随時ポイントで出てくるようです。西行は実際に清盛の生涯の友になります。

そして各方面から絶賛されている山本耕史演じる藤原頼長ーいやー正直ゲイ、男色などは今までNHKタブーだったはずなので、いくら歴史的事実とはいえその部分は描かないのではないか、と思いましたが、頼長の男色ぶりを描いちゃいましたね。ちなみに頼長自身の日記台記にその男色ぶりや、陰謀、暗殺等自らが仕掛けたものをことごとく記しています。まるで功を誇るように、

やっぱり異常な男です。この悪左府こと藤原頼長

そして今週の頼長、家盛の死を「犬死に」などと父親の忠盛に言うさま、

本当に憎たらしかった。

やっぱりこういう悪役がいないとドラマは盛り上がりませんね。正直、山本耕史ー悪役をやるには少々イケ面すぎるのかと思っていましたがなかなかどうして、実に存在感のある悪役を演じています。
悪役というのは演技力がないとできませんから、今回でかなり評価を得るのではないでしょうかね。私自身は見ていませんが映画彼岸島での悪役も絶賛されているようです。

ちなみに今から40年前に平清盛を主人公にした文豪吉川英治原作の「新平家物語藤原頼長を演じたのは何とあの伝説の悪役俳優

成田三樹夫さん。 − 

いやーこの人の服部半蔵影の軍団での烏丸文麿少将は本当にすごかった。あんな演技ができるのは成田三樹夫さんしかいないと思います。

成田三樹夫さんを超える悪役俳優など出ないかも、と思っていましたが、さあ山本耕史、この伝説の悪役俳優を越える頼長を演じられるか楽しみですね。

しかし保元の乱で死んでしまうので、出演期間はせいぜいあと一ヶ月しかないのが残念ですね。平治の覧の藤原信頼は頼長と比べると遥かに小物、これも誰が演じるんでしょうね?
義朝も平治の乱までなのでせいぜい夏頃までですから、その後頼長のあとに敵役になるのは..果たして

松田翔太演じる後白河くらいしかいないですけどね
それともナレーターをやっている頼朝か(笑)

まあとにかく世間の雑音に惑わされず、いい作品を作り続けて欲しいです。