KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

コロナウイルスに関して見通しが甘かったことを反省ー感染の現状と感染予防の方法

 

まず昨今のコロナウイルスの感染状況を見て少々今までの自分の考え方が甘かったことを反省しなければならない。

今までコロナウイルスに感染しても大半が軽症か無症状なため、たいしたことないと思っていたが、無症状の感染者にも感染能力があること、

そしてその無症状の感染者がどこにいるのかもわからない、それが極めて危険なのだ。そこを私は過小評価していた。

あらためてアメリカのの公衆衛生の最大の権威であるジョンス・ホプキンスの科学者が2年前に発表していたこの文章の意味がわかった。

indeep.jp社会に対しての影響は、「致死率が低い」ほうが高いということなのだ。

理由のいくつかは、このようになります。

・致死率が低い → いつまでもウイルスの拡散が続く

・発症しない人、あるいは軽症の人たちが多い → 感染したことに気づかずに行動し、どんどん感染を拡大させていく

世界中でこれが起こっておりアメリカでは21万人 イタリアは10万5千人、スペインが9万人と当初の中国を上回っている

ビルゲーツが5年前にこの状況を予言していた。今見ても身の毛がよだつ

4月1日現在の世界主要国の感染者数

f:id:KyojiOhno:20200402205213j:plain

この現状を少しでも改善するためにNew York在住の日本人You tuberがニューヨークのドクターが発見したコロナに感染しない4つの法則という情報がすごくわかりやすかったのでここで紹介させていただく

 これによると次の4つが感染しないための法則だという。コロナウイルス感染の殆どは空気感染ではなく接触感染で起きるという

1.何かを触ったあと指先まで手を石鹸で洗う

2.何かを触った後自分の顔をさわらない *注

3.マスクはつけるべき(ウイルス自体の感染防止ではなく触った手が顔に触れたり、他人と接触するのを防ぐため)

4.誰かと会わない 会う場合は2メートル離れる(ソーシャルデイスタンス)

ニューヨークのデイビッドクライス医師の見解より

参考になれば..

 

google.com, pub-3062244771962944, DIRECT, f08c47fec0942fa0