KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

香港の「引き渡し条例」のデモと日本の「年金返せデモ」の反応で明らかになった情けないほど低い日本人の政治民度

中国政府の圧力で決まりそうになった「中国引き渡し条例」

これの何が問題かというと香港住人だけでなく、香港に住んだり渡航した外国人や中国人までもが、中国側からの要請があれば本土に引き渡されることになり、事実上「一国二制度」が崩壊し香港での言論、表現の自由が事実上なくなることになる。

詳しい説明はこちらを参照されたい

www.newsweekjapan.jp

これに対して自由と民主主義を知っている香港市民はいっせいに抗議し200万人以上のデモが行われたのは記憶に新しい

f:id:KyojiOhno:20190620105900j:plain

引き渡し条例に反対する香港国民のデモ

結果はご存じの通りこのデモによって香港政府は「中国引き渡し条例」の採決延期、香港住民はあくまで撤回を求めている。

日本では政府等へのデモに参加する、ということをネガテイブに受け取る向きが多い。また政府の数々の隠蔽、改竄に対しても徹底的に無関心を貫く人間が多い。これを見ると今の平均的日本人より香港の人達の方が遙かに民度が高いといわざるを得ない。

香港の人達が秩序だって抗議の声を揚げているのは次の画像でもわかる。怪我した香港住民の救急車が通るために道を空けている画像である。

f:id:KyojiOhno:20190620110356j:plain

救急車が通るために道をあけるデモ中の香港国民

日本では「デモ」と「暴動」の差が理解できない人間が多い、という何とも情けない政治民度の低さの現状。

香港のデモは先進国各政府も香港住民を応援しており、その自由と民主主義を守ろうとする香港住民の姿勢に称賛と支持の声が湧きあがった。これが民主主義国家に住む人間のごく自然な反応である。ちなみに日本政府はこれに関して何のコメントも出していない。

折しも日本では麻生財務大臣に「老後は各自2000万円ためろ」発言で事実上年金が破綻したことがわかりそれに対して「年金返せデモ」が香港の1000分の1に過ぎない2000人で行われた。

f:id:KyojiOhno:20190620111313j:plainf:id:KyojiOhno:20190620111221j:plain

年金返せデモ


これに関して日本人の専らの反応は「無関心」か自称文化人のデモをデイスる行為かいずれかだ。ご存じの通りtwitterで大炎上したホリエモンの「年金デモ参加者=税金泥棒」というのは本当に酷すぎる

www.msn.comこの発言の問題点は会社員で普通に税金を源泉徴収されている人たちに向かって「デモに参加している」という理由だけで「泥棒呼ばわり」している点。自分の価値観を他人に押し付け日本の政治民度を下げるのに貢献している点。ネットにはホリエモンの崇拝者、心酔者も「思考停止」的に無条件に賛同しあたかもデモ社会運動が犯罪行為であるかのように貶めるなどまともな神経を持っていればできないからだ。

香港の200万人デモで社会を動かした価値を理解できない今の日本人の救いがたいほどの低い民度だ。

もっともこの堀江貴文はわざと「炎上させる」暴言を吐いて自分に注目が集中させることを昔からしているし、今回もその可能性大だ。(たぶん「炎上」で内心喜んでいる)

真偽の程はわからないがtwitter堀江貴文はキーワード収入を得ているとか、政府に都合のいい発言をするとお金がもらえるとかいわれるが、このような炎上商法を目的にした暴言を吐くのは昔からだ。

思考停止の崇拝者が多いが、このような人物が何をいおうがスルーするのがベストだと思う。百田尚樹とか高須なども同様だ。マスコミが報道するからつけあがるのだ。

 

香港の話に戻るが香港政府が「中国引き渡し条例」の延期が決まってもあくまで撤回を求めるために200万人が集会した。香港の人々は声を揚げたことで政府を動かしたが、これが続けば本当に撤回させることができるかもしれない

f:id:KyojiOhno:20190620115054j:plain

 日本の例の年金問題ではなんかまだ他人事のように思っている人が多いし、日本国民ならこの影響受けない人は皆無なわけだが、日本人の間にはびこる無関心、そしてこの思考停止の風潮はどこから来たのだろうか?

TBSの金平氏は香港のデモと日本の現状について次のように語っている。

香港の動きで考えたこと。

決して不平不満を言わない。上司には、さからわないで、むしろ媚びる。強気を助け、弱きをくじく。社会的なことには目を向けず、自分や少数の身内のために生きる。実感ではなく数字を信じる。今さえよければいい。金さえもうかればいい。自分たちだけよければいい。抗う人の足を引っぱる。選挙では安定だけを考える。困っている人を助けない。デモに行く人は自分とは無縁の人々だと思っている。根拠のない優越感で近隣諸国の人を見くだす。過去の歴史なんかどうでもいいと思っている。誇り高く生きようなんて思わない。コバンザメのように力のある存在にぴったり癒着して生きる。沖縄の基地なんて自分とは関係ない。

香港の動きはそうではない人々が生きていることを教えてくれる。

 たぶん大多数の日本人は金平氏のこのコメントを恥ずかしいとすら思わないんだろうな。今の日本人は香港の人達とまさに真逆だ

安倍政権の嘘、隠蔽、文書やデータ改竄、統計不正、年金破綻、についても安倍政権の「偽りの夢」に酔って「不都合な事実」を見ようとしない完全思考停止の国民。

それはどうやらそもそも全ては「学校」から始まったようである。
「ルール」が絶対 それによる思考の硬直化

ten-navi.comそして小学校による子供達の「考えること」を奪う教育

hbol.jp

政府と文部省は長い時間をかけて学校や政府の「ルール」に対して絶対的服従する国民を大量生産することに成功した。そして余計なことに「無関心になる」クセをつけることにも成功した。
それが恐ろしく情けないほど低い民度の日本国民を作り上げた。見事なものだ。全ての日本の学校はがそういう教育したとは思いたくないが一定の割合で存在したからこうなった

かくしてうまれた大量の思考停止の日本国民

今の日本はとても先進国といえる民度ではない。