KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

ヨーロッパ取材旅行3ーカナリア諸島 アレシフェ島

マリーナ号の第二の寄港地はカナリア諸島アレシフェです

カナリア諸島スペイン領でアフリカ大陸のモロッコから100-500Kmくらいの距離にあります。このカナリア諸島は二か所寄港しますが、最初はアレシフェ島です。火山でできた島でここに示されている山の殆どは元火山です

f:id:KyojiOhno:20181210221616j:plain

f:id:KyojiOhno:20181210225422p:plain

 

f:id:KyojiOhno:20181210221651j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210221704j:plain
カナリア諸島アレシフェの山

土地も痩せていて、住民が悪戦苦闘しながら生活していたようです。何せ土地の表面の殆どが火山灰で覆われていて、それをさらに掘って農耕用の土地を耕すため、かなり大変だったようです。

雨もあまり降らないため水でもかなり苦労していたようです。家の殆どには貯水用のタンクがあって生活用水に使っていたようですが、基本的に足りず1960年になってようやく海水を生活用水に変える装置ができて島に水が普及したようです。但し飲み水はやはり輸入にたよっており、この島で水が貴重な事情は今も昔も変わらないようです。

実質的に砂漠に近い状態なのでサボテンが生えています

サボテン園です、

f:id:KyojiOhno:20181210222229j:plain

f:id:KyojiOhno:20181210222254j:plain

サボテン園

なんとこのサボテンを食べるそうです。
おいしいんですかね? 苦いと思いますが...

カナリア諸島はモロッコに近いということもあり、映画「カサブランカ」のような白い家が多いです。法律で決められているわけではないんですが、島の家は白にしなければならないという不文律があるようです。

f:id:KyojiOhno:20181210222618j:plain

f:id:KyojiOhno:20181210222709j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210222722j:plain

資源の乏しいカナリア諸島アレシフェ

火力発電所もありますが風力発電所も多いです。スペインだけでなくヨーロッパ全体が再生可能エネルギーに転換しています。
日本だけですね。原発再稼働論が強いのは。それだけ日本は遅れているといえます。

f:id:KyojiOhno:20181210222916j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210222930j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210222954j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210223008j:plain
アレシフェに多数ある風力発電

あとアレシフェ島が生んだ世界的芸術家のセサール マンリケの家が美術館としてオープンしていました。前衛芸術家としてピカソ岡本太郎とも親交があった芸術家です

残念ながら自宅近くの交差点で自動車事故により1992年に亡くなりました

f:id:KyojiOhno:20181210224533j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210224550j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210224607j:plain
セザール マンリケ美術館
f:id:KyojiOhno:20181210224720j:plain
f:id:KyojiOhno:20181210224741j:plain

小さな島ながら見どころはいっぱいだったアレシフェ島でした、

10時間の停泊のあと島を後にしました

f:id:KyojiOhno:20181210224900j:plain