KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

西郷どんー「幕末の三舟」の山岡鉄舟登場!! 人格者で江戸無血開城の立役者

西郷どんーついに鳥羽伏見の戦いが始まり新政府軍と幕府軍の戦いが始まりました。押され気味の新政府軍に岩倉具視が考案した「錦の御旗」をかかげることで、幕府軍の多くが戦意を失い、賊軍となることを恐れた徳川慶喜江戸城に逃げます。ここで恭順の意を示すために上野の寛永寺に謹慎します。江戸城逃亡の際に慶喜に諫言した勝海舟寛永寺にて慶喜と面談、新政府軍との話し合いの場をセットアップする重要な使者に山岡鉄舟(当時は鉄太郎)が選ばれます。

山岡鉄太郎は「幕末の三舟」の一人といわれますが、当時は寧ろ剣術家というイメージをもたれていたようです。

f:id:KyojiOhno:20180923222320j:plain

もともと「幕末の三舟」のもう一人の高橋精三(泥舟)を勝海舟は使者にしようとしたのですが、泥舟は慶喜警護から離れることができないため泥舟の推薦でこの山岡鉄舟が選ばれました。そしてドラマにも描かれていましたが官軍が警備する中を「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」と大音声で堂々と歩行していったそうです。駿府で西郷に会った鉄舟は、海舟の手紙を渡し、徳川慶喜の意向を述べ、朝廷に取り計らうよう頼みました。最初は難色を示した西郷でしたが、結局

  • 一、江戸城を明け渡す。
  • 一、城中の兵を向島に移す。
  • 一、兵器をすべて差し出す。
  • 一、軍艦をすべて引き渡す。
  • 一、将軍慶喜備前藩にあずける。 という条件を提示。          

山岡は上4つの条件は飲みましたが最後の1つは拒みました。西郷はこれは朝命であると凄みました。これに対し、鉄舟は、もし島津侯が(将軍慶喜と)同じ立場であったなら、あなたはこの条件を受け入れないはずであると反論。西郷は、江戸百万の民と主君の命を守るため、死を覚悟して単身敵陣に乗り込み、最後まで主君への忠義を貫かんとする鉄舟の赤誠に触れて心を動かされ、その主張をもっともだとして認め将軍慶喜の身の安全を保証しました。これによって奇跡的な江戸無血開城への道が開かれることとなりました。

つまり山岡鉄舟江戸無血開城が実現できた立役者といってもいいと思います。

明治維新後は駿府に下り、幕臣の救済事業である牧之原台地開墾の責任者である中條金之助に茶の生産を助言したりします。静岡がお茶の名産地になったことに一役買いました。

あと山岡鉄舟は2つの食品が全国に広まることに大きな役割を果たしました。

明治時代に西郷の推薦で山岡は明治天皇の侍従になります。明治天皇の京都行幸の際、明治天皇から手土産の相談を受けました。そして山本海苔店二代目山本德治郎に相談したことで、味付け海苔が創案されました。結果京都の人間にも好評で「味付け海苔」が全国に普及するきっかけになりました。

またアンパンの普及にも大きな役割を果たしました。西洋の食品であるパンに餡子を入れるという和洋折衷の食品に鉄舟は日本のこれから進むべき道を感じたのです。そこで天皇の花見の席に鉄舟は天皇、皇族、さらに取り巻きにこのアンパンを入れたのです。結果は大好評で明治天皇から「引き続き納めるように」といれわるようになります。

これが結果的にアンパンの爆発的な売れ行きにつながりました。銀座の木村屋総本店の看板の文字は山岡鉄舟の手によるものです

f:id:KyojiOhno:20180923224825j:plain
木村屋総本店にある鉄舟の文字

 こう書きますと山岡鉄舟は商売上手な人のように思われがちですが、鉄舟は貧乏な家に生まれ自分の刀も持てないほどでした。駿府への西郷の使者の時には刀も脇差も友人に借りたものでした。侍従時代、鉄舟の剛毅で高潔な人柄は、明治天皇からも信頼されました、

10年間侍従を務めたあと功績により子爵に叙されますが、鉄舟は華族とは名ばかりで清貧を押し通した人でした。侍従として給料をもらった身でも困った人を見ると助けないわけにはいかない、そんな人でした。無欲で高潔、まさに人格者として広く尊敬を集めた人です

西郷は鉄舟について

「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛しました。

 明治21年1888年)7月19日9時15分、皇居に向かって結跏趺坐のまま絶命。死因は胃癌だったそうです。会葬者は5千人にも上りました。人柄をいかに慕われていたかがわかります。

こんな人が今の時代いたら、と思いたくなる人です。幕末の人間で私が最も尊敬する人物です

f:id:KyojiOhno:20180923230123j:plain
晩年の鉄舟