KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

雨の中の衆議院選挙ー投票に行ってきました。

ネットでの選挙運動は昨日で終了したので、今日は可能な限り差し控えますが今までの私の主張は既に述べましたので詳しくはそちらをご覧ください

そして雨の中投票所に行ってきました。昨日の期日前投票所は東京都内は台風が来るということもあり、どこも長蛇の列ー下手すりゃ投票日より人が来ていたかもしれないですね

私も先程行ってきました

f:id:KyojiOhno:20171022125847j:plain

f:id:KyojiOhno:20171022125906j:plain

雨だったので車で来た人も多かったですね。私もその一人です。何にせよ投票に行くことが大事です

f:id:KyojiOhno:20171022111730j:plain

とにかく「自民党への投票者数」と比べ「選挙に行かなかった人」が圧倒的に多いという現実。

これは民主主義国家としては実に恥ずかしいデータです。まだ投票に行っていない方、本日8時までやっていますので雨だからといって おっくうにならずに自分の権利である1票を投じに行って下さい。日本の将来を決める重要な選挙です

f:id:KyojiOhno:20171021001402j:plain

いまだに「投票しない権利」とか訳わからないこと云って選挙棄権を正当化する人間が少なくないので、念のため以前書いたブログ記事を再度アップさせていただきます。

■「投票しない権利」は「選挙で選択の失敗する」より遙かに危険な理由

kyojiohno.hatenadiary.comそれと何年か前「白票が意思表示になる」などと主張する正体不明の団体がありましたが白票も棄権も何の意思表示になりません。

■「白票を投じる意思」「投票しない権利」について

kyojiohno.hatenadiary.com、

さて誰に投票したかというのは普通公表しないのですが、今回はあえてやります。なぜなら「野党共闘」というのがまだ有権者の間にも浸透していない印象があるからです。今からでも遅くはありません。ご検討いただければ幸いです

というのも私の選挙区には立憲民主党の候補はいません。自民と維新から倉替えした希望の党の候補と残り一人は共産党です。

今回は野党共闘の観点からこの共産党候補に投票し比例区も今回共産党にします。野党共闘ということはそういうことです。自分が本来支持していない政党でも共闘する場合はその共闘する政党に投票する。そこを理解されていない方がまだ多いようなのです

特に共産党に投票することに心理的抵抗があるのはわかりますが、今回は野党共闘ということでそこを曲げるしかないと思います。

投票所の様子

f:id:KyojiOhno:20171022131126j:plain

相変わらず若い人は少ない印象があります。暇なじいさんばあさんばかりですね。外は激しい雨が降っており投票率が心配です。唯一の救いは期日前投票が史上最高を記録したという点でしょうか

何とか改憲勢力3分の2を阻止した結果になってくれないか。今はそれだけを祈る気持ちです。