KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

無関心、選挙に行かないことの危険ーアベ内閣の最大の支持母体

先日も安倍内閣の最新の世論調査が出た。

■【2016年4月NHK世論調査安倍内閣支持率4ポイントダウン!参院選議席数:与党が増えた方が良い23%:野党が増えた方が良い32%
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160411/k10010475081000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

高市総務相の電波停止発言を始め、甘利の収賄問題、次々と出る自民党関係議員の暴言、山田議員のJA職員の暴行、と次々に起きる不祥事にも関わらずまだ4割以上が安倍内閣を支持。

これに関しては以前から納得できなかった。しかしこの記事を読んである程度納得できた

■アベ内閣の最大の支持母体は、選挙に行かない方々です。
http://blogs.yahoo.co.jp/honjyofag/66083126.html

暴走安倍政治を支える最大勢力とは右翼団体日本会議」ではなく、有権者の大部分を占める無関心層だ。安倍政治が危険だと言うと、「そんな事ある筈ない」「日本が戦争する筈ない」「政治の事はわからない」「政治に関心なし」と答える層だ。安倍政権はこういう層に支えられている。恐ろしい。

ナチ時代の一般民衆も政治に関心がなかった。ヒトラーが政権を取り、ワイマール憲法の緊急権を悪用し憲法を無力化、共産党員らを次々と拘束、強制収容所に送り独裁を固めて行った時も、ドイツ国民はまるで無関心で海水浴に行ったりして楽しんでいた。いつの時代も悲劇は民衆の無関心から始まるのだ。
安倍晋三がどんなにハチャメチャで嘘つき、乱暴な政治をしようと、勝手に憲法を解釈し戦争に突き進んでいこうと、この層が目覚めない限り、安倍政権は安泰だと思うからだ。政権もそれを知り悪知恵を総動員させ悪用している。
(澤田愛子 @aiko33151709 ホロコースト研究者)

これは残念ながら事実といわざるを得ない。政治に無関心な層、テレビの報道や政府のプロパガンダを何でも鵜呑みにする人たちの考えを変え目覚めさせるのは難しい。こういう人たちは手遅れの段階になってやっと気づくのかもしれない。しかしそれでは遅すぎるのだ。

選挙に行こう、無関心ではダメだ、といくらいっても目覚めない人間は聞く耳を持たない。

実際

政治がダメだから選挙に行かない、投票しないというのは結果的に今の政権を支持しているのと同じことだ。
と何度いっても理解できない人間が多い。

TPPにしてもあのふざけた黒塗り、や政府の「出せぬものは出せぬ」という対応を見れば普通はおかしいと思うだろう。実際契約でも条約でも中身の分からない批准できるか? 普通はそんなことは恐ろしくてできないはずだが、無関心層はこれに対して全くおかしいと思わないらしい。

完全に政府やマスコミによって「思考停止」の洗脳を受けているからだ。

そしてそれはこの男の全く思惑通りの状態。思考停止、無関心が多ければ多いほど政府にとって都合のいいことはないからだ。

こんな姿をみて「カッコいい」などと思う輩がいることが信じられない