KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

マスコミよ「イスラム国」ではなく「ダーイシュ」に呼称変更せよ!!

今更いうまでもないがイスラム国」をなのるテロリスト集団の正式名は「アルイラーク・ワッシャーム」(アラビア語)で海外の報道機関はその省略形である「ダーイシュ」に変更し始めている。

「ダーイシュ」は悪逆非道なテロリストであって、イスラム教徒でもなんでもない。今回の件では寧ろ一般のイスラム教徒は被害者といっていい。一般人でもイスラム国」という名称は、奴らが支配地域を拡大して独立を宣言した時から使用している呼称だということを知っており、あの鈍感な安部首相でさえイスラム国」という呼称だとテロリスト集団を国家と認めているとの誤解を与えかねないとしてISILを使用している。

にも関わらず日本のマスコミは一向にイスラム国」という呼称をやめようとしない。なぜなのか? 理解に苦しむ。

視聴率アップにつながらない、イスラム国」の呼称が定着したため変更できない、などというかもしれないが、この呼称を使うことによって日本国内のムスリムイスラム教徒)の方々がどれだけ日々苦しんでいるか知らないとでも言うのだろうか?

 まさに「無知」「無関心」の産物と言わざるを得ない。
一般人ならともかく報道関係の人間がそれでいいのか?あまりに鈍感で稚拙と追わざるを得ない。

そして在日トルコ大使館とトルコ国際放送の特派員がイスラム国」という呼称に関して声明を発表している。
ことは国際問題にもなりかねないので、マスコミ関係者は重く受け止めてほしい

在京報道各社各位

前略

シリアで日本人が殺害されたことに深い悲しみを覚えています。御親族並び日本国民へ追悼の意を表します。この卑劣なテロ行為は断じて許されるものではありません。

一方、人口の殆どをイスラム教徒が占める国が世界に50カ国以上あり、世界中に15億人のイスラム教徒がいます。イスラム教は平和を訴え、平和に呼びかける宗教であり、まさに「イスラム」という言葉自体の意味も平和であります。イスラム教もイスラム教徒もテロと何ら関係がなく、テロを非難するものであります。

今回の事件でもイスラム諸国とその国民が様々な形でこの卑劣な蛮行を強く非難しました。しかし、日本のマスメディアが最近の報道のなかで、この蛮行に及んだテロ集団を「イスラム国」と表現していることが非常に残念であり、誤解を招きかねない表現であると強く認識しています。テロ集団の名称として使われるこの表現によって、イスラム教、イスラム教徒そして世界のイスラム諸国について偏見が生じ、日本滞在のイスラム教徒がそれに悩まされています。いわば、これも一種の風評被害ではないかと思われます。

平和を重んじるイスラム教の宗教名を汚すこの「イスラム国」という表記を、卑劣なテロ行為を繰り返す一集団の組織名としてどうか使用されないよう切に願います。世界の他の国々において「イスラム国」ではなく、DAESH、ISIL等の表現を用いる例があるように、このテロ組織に関する報道で誤解が生じない表現の仕方について是非検討いただき、イスラム教徒=悪人を連想させるようなことがないよう配慮いただきたいところです。

何卒ご理解とご検討の程、心よりお願い申し上げます。

草々

今回の事件で一般のイスラム教徒も被害者といっていい、

実際被災地で献身的な活動をしているイスラム教徒たちも大勢いる。マスコミはこういう人たちについても報道すべきだろう。

■被災地で支援を続けるイスラム教徒たち
http://blog.livedoor.jp/jmcht764/archives/1592321.html

テロリストを支持する人間でない限り今回の日本人殺害の事件に怒り、悲しまない人間など日本人だろうがイスラム教徒だろうがいないはずだ。

無用な偏見を煽るような表現を使った報道ははすぐにやめてほしいと思う次第である。