KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

このまま本当に舛添でいいのか? 石原に負けず劣らず放言癖がある男

東京都知事選挙まで一週間を切った。

世論調査でこのままいくと舛添が都知事になってしまうようだ。
だがこの男で本当にいいのか?

ただ単に自民党アベノミクス=景気が良くなる気がする、という思考停止で投票すると決めていないか?

特に女性の方は下の記事を読んでいただきたい。舛添に投票しようと考えている方、今からでも遅くない。考え直していただきたい

■「女ごとき」「男より欠ける」…舛添氏“消せない”女性蔑視発言
http://gendai.net/articles/view/news/147665


雑誌「BIGMAN」89年10月号の「増殖マドンナ議員は日本をダメにするか?」と題した“誌上ディベート”で、舛添は〈本質的に女性は政治に向かないと思う〉などと言いたい放題

オバタリアンは“あがった人”」とも/(C)日刊ゲンダイ
〈オーケストラを統率する能力は、女性は男性より欠けている〉

〈人殺しがうまいのも実は女の方〉

 マドンナ議員が増えたのは、〈歴史的な例外の時代であって、だから、女ごときが出てこれる〉し、〈だけど、あのオバタリアンは全部“あがった”人ばかりなんでしょう〉と、まあ、巣鴨のおばあちゃんが聞いたら卒倒しそうな話をしているのだ。

舛添要一さん「女は生理があるから本質的には政治家に向かない」→大炎上
http://girlschannel.net/topics/90825/

「それから、体力の差ということでいえば、政治家は24時間、いつ重要な決断を下さなければいけないかわからない。そのとき、月1回とはいえ、たまたま生理じゃ困るわけです」「女は生理のときはノーマルじゃない。異常です。そんなときに国政の重要な決定、戦争をやるかどうかなんてことを判断されてはたまらない。」

私は別にフェミニストではないし、そう呼ばれる人たちって好きではないが、さすがにこの発言には空いた口がふさがらなかった

まあ石原なみ、下手すりゃそれ以上の放言癖があるようだ。

こんな人間が知事の時にオリンピックやるんだけど、こんな人間じゃ日本人は世界に対して恥かかないかね? 特に欧米諸国はこんな発言に対しては黙っていませんぜ。こんな人間が都知事になったら日本人の面汚し。

都民よ、また選択を誤るのか?
最近書くだけ無駄って気がしているんでこれ以上もういわない。
若い連中にもいくら投票行けっていったって行かないだろうし

ちなみに都知事主要4候補の政策別早見表