KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

安倍靖国参拝、辺野古沖の埋立ー安部政権の終わりは遠くない?

本来は別のIT関係の記事にするつもりだったけれど、今日は書かざるを得ないことをこの国の首相になった人物がやってしまいました..

安倍首相の靖国神社参拝

さて知らない人のために簡単に解説しますと、靖国神社は神社でも普通の神社ではありません。ある方の説明がとてもわかりやすかったので引用させていただきます。

靖国神社はいわゆる普通の「神社神道」の神社ではなく、伊勢神宮を頂点とする神社本庁の組織にも属していません。もともとは明治2年に、戊辰戦争の戦死者を祀るために創設された「東京招魂社」が、明治12年に靖国神社と改称されたもので、近代以降に成立したという意味では、「新興宗教」のひとつと言えるものです。この神社を、「戦争犠牲者を悼むための場所」と勘違いしている人も多いようですが、そうではありません。正しくは天皇を守るために戦死した軍人を、神として祀る」ことが、この神社の目的なのです。
ふつうの神社が、アマテラスオオミカミとか、オオクニヌシノミコトというような、日本古来のカミを祀るのに対して、もともと人であった軍人の戦死者を、カミとして祀るという、宗教としても神道としても、きわめて異例なものなのです。それも、たんに軍人の戦死者ではなく、あくまでも「天皇を守るために戦って死んだ軍人」というのが、カミとして祀られる大前提となっているのです。したがって、「国を守るために戦って死んだ方々」を悼むという言い方は正確ではないのです。
では、なんのためにこのような特殊な宗教(神道)が作られたのでしょうか?それは、徴兵制によって軍人となった者に、積極的に「国のため(正確には天皇のため)に命を捧げて戦わせるため」なのです。江戸時代までは、「殿様のために命を捧げて戦う」という考え方だったわけですが、明治になってからは徴兵制によって国民(成人男子)が軍人として徴用され、「国(天皇)のために戦って」もらわなければならなくなりました。そこで明治政府は、この靖国神社を利用して、「国(天皇)のために命を捧げて戦死」したならば、必ずや「カミ」となって、この靖国神社に祀られ、天皇や首相をはじめとする国家の権力者が、頭を下げて参拝してくれるはずだ、だから安心して、しっかりと戦って死んでくれという、国家的な「しくみ」を創ったのでした。
したがって、靖国神社は、「兵士の士気を高め、国家による戦争を推進すること」が目的の神社なのであり、国家の権力者が、その神社に参拝するということは、「国の平和を願うために」というよりは、国民に対して「国(天皇)のために死んでくれ」というメッセージを発信することになるのです。
(札幌琴似工業高校の社会科教諭、 川原茂雄さん)

これで靖国参拝がそこら辺の神社に参拝するのとはわけが違うことがおわかりになられたと思います。

また外国からはA級戦犯を合祀している関係で靖国参拝は海外との関係の大きなマイナスの影響を与えます。私個人も現在仕事でとあるコンテンツ関係のビジネス案件があり、受注できるかどうかの瀬戸際の段階だけに、はっきりいって余計なことをしてくれた、と憤慨しています。

そしてここ数日、沖縄の辺野古の埋め立て問題が急転直下、仲井眞知事が承認という事態に発展、これは県民が納得するとは到底思えない話ですが、裏で何をやったのか知りませんが辺野古沖に関する埋め立てを(たぶん強制的に)承認せざるを得ない強引なことを安部首相がやったと思われます、

これら一連の動きに関してNewsweek論説委員でジャーナリスト(アメリカプリンストン在住)の冷泉彰彦氏が非常に的確なコラムを書いているので引用させてもらいます。

■安倍首相の「歳末の靖国参拝」が対立軸を固定化する不毛
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2013/12/post-614.php

これで懸案だった原発再稼働、辺野古沖埋め立て問題が「前進」する可能性が濃厚となりました。前回の特定秘密保護法と同じように、国論が二分する中で、その溝を埋める努力が見られないまま「決定」が進められています。私は個人的には、柏崎刈羽の再稼働と辺野古沖の埋め立てには反対ではありません。ですが、世論との対話のないままでの進め方には強い疑問を持っています。


 これだけでも強引さとしては十分だと思っていたところに、26日(木)の午前中には安倍首相が靖国神社に参拝するというニュースが飛び込んできました。これは安倍首相の個人的な政治信条ということもありますが、いわゆる保守系の世論に配慮して、政権の求心力を維持するためという解説ができると思います。


 ですが、こうした政治手法には私は反対です。「原発再稼働、辺野古埋め立て、靖国参拝」というのが対立軸の一方であるという「セット定食」にはどうしようもなく不毛なものを感じるからです。

<中略>

一方で、このように日米関係が動き出している中で、しかもキャロライン・ケネディ駐日大使が着任して「自分は広島には行ったことがあるが、長崎はない」ということから、わざわざ長崎に赴いて平和祈念像に献花をしているなど、日米が「打算ではなく精神的にも緊密な同盟」であるような配慮を強めているわけです。


 その延長上には、来年春のオバマ大統領のアジア歴訪ということがあり、そこで「ひょっとしたら」現職大統領の広島・長崎での献花外交ということも見えて来るかもしれない、私はそんな期待も抱いていました。ですが、今回の靖国参拝で、それも難しくなるように思います。


 安倍首相は否定するかもしれませんが、首相の靖国参拝を歓迎する勢力の中にはサンフランシスコ講和の前提であった極東軍事裁判の正当性に挑戦する思想があるわけで、これは当事者であるアメリカの現在の史観に対する挑戦でもあるわけです。ケネディ大使という人は、クラシックな民主党支持者にとって伝説であるJFKの長女ですから、そのケネディ大使自身がこうした安倍首相の行動を歓迎することは政治的に不可能です。


 いずれにしても、ここ数日の安倍政権の行動は「政治的な信任、政治的な資産」を一気に使いきってでも懸案を片付けてしまおうという焦りのようなものを感じます。もしかしたら、消費税率アップ後の景気の冷え込みを今から恐れているのかもしれません。そうなったら政権を投げ出す覚悟で、今のうちに何でもやっておこう、そんな「駆け込み的」あるいは「先のことは知らない」というようなニュアンスも感じられます。


 もう一つ考えられる「解説」としては、辺野古沖埋め立て問題にしても、原発再稼働にしても、いわゆる「左からの批判」だけでなく「右派からの対米従属批判」や「右派の自然観からの反原発」などもあるわけで、それを「靖国参拝」で封じなくてはならなかったというストーリーです。


 仮にそうだとしても、日本がそのように「面倒くさい国」だということになれば、アメリカとしては少なくともビジネスの話だけは合理的にどんどん進めることができる中国との関係を優先する、長期的にはそんなことにもなりかねないわけで、それも日本の利益になる話ではありません。

冷泉彰彦氏は思想的にどちらかというと保守に近い人だと思いますが、かなり的確に論じていると思います。

たぶん4月の消費税アップで90%以上の確率で国民の大勢が信じ込んでいるアベノミクスの魔法」が吹き飛ぶでしょう。元々魔法でもなんでもなく日銀にアメリカ国債を買いあさることで円安に戻しただけのこと。個人消費が落ち込んでしまったらもうどうしようもありません。 

この一連の動きは本当に「安部政権の終わり」がそう遠い時期ではないことを物語るのかもしれません

だとしたらこの話はいい話なのでしょうか... ??

いや、国益という面では間違いなくよくありません

実際、参拝のコストは極めて大きいものです。なぜなら、前述のように、中国の「好戦派」に格好の材料を与えるだけでなく、戦後の日本が築き上げてきた、平和外交などの「戦後史観」をすべて否定してしまうからです。
アメリカに対しても悪影響が間違いなくでてきます。米国の態度を硬化させ、日米同盟にくさびをいれられてしまう危険性が大きくなります。実際アメリカは「失望」という強い言葉で今回の靖国参拝に対して声明を出しています。

実際この影響と思われる動きがすぐに出ています
■日米防衛相の電話会談中止=米が要請、靖国参拝影響か
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201312/2013122700809&g=pol

一方で「参拝で得られる利益」は何でしょうか。実は、ないに等しいのです。「自らの政治信条や信念を守った」という意味で安部首相の感情は満足するかもしれませんが、国家としての利益はないに等しい、いや国益を大きく損なっているといっていいでしょう。

それがわからなくなっているくらいに安部首相は追い詰められている、のかもしれません。
うまくすれば来年の初夏くらいに安部政権が崩壊するかもしれません。