KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

タダ券連発のGoogle

さて、商用サイトを運営している人なら一度はGoogleAdwordsかYahooのOvertureを使うか、少なくとも導入の検討をされたことがあると思います。

私の会社も会社のサイト http://www.hybridmusic.jp/
を始めECサイト(現在は事実上閉鎖 http://www.healingcd.net/) 及び関連の各サイト内のサテライトページに対してAdwordsで誘導していましたが最近、Adwordsを使うことによる費用対効果が弊社の調査では年々落ちているという現状があり、Adwordsにかける金額も年々減っていました。

この原因に関してはいろんな説がありますが、地上波や電波等の広告効果も下がっているように、現代は広告そのものの効果が全般的に落ちているのかもしれません。

そういう点が背景にあるんでしょうか? 最近Googleが無料のAdwordsクーポン券を連発しています。先日弊社の関連ドメインの更新(2つ)の時に\3000の無料Adwordsクーポン券が2枚来ましたし、うちの別アカウントでもう一年近く使っていないアカウントがあるんですが、なんと\10000の無料クーポン券が来ました。それどころか全国の商工会経由で申し込むと最高で\10000の無料クーポン券がついてくる等最近Googleが無料クーポン券を連発しています。

これは何を意味するんでしょうか?

勿論Adwords普及のため、といわれればそれまでですが、今企業のWeb担当でAdwordsOvertureを知らないなどというのは常識では考えられません。少なくとも導入の検討くらいはしているはずだし、実際かなりの多くの企業がAdwordsを使っています。

これはやはり企業のAdwords離れが少なくとも日本では始まっていて、この無料券連発はGoogleの危機感の表れ、と考えることもできます。 

まあタダ券をくれるというのなら、悪びれずに使わせていただこうとは思っています。震災以降もそうですが、消費も冷え込んでいますし特にうちの会社の制作関係のアクセスは危機的なまでに落ち込んでいます。これは検索順位が下がったのではなく、検索ボリューム自体が減っています。そのために今は最大限の誘導対策を行なう必要が出てきています。でないと会社が維持できなくなる危険性まで出てきたので。というわけでせっかくもらった\10000無料券、有効に使わせていただきます。うまくいけば二ヶ月くらい持つかも..

まあSEO対策とかAdwords/Adsense等ネットのアクセス対策はいろいろありますが、変な話これって魚釣りに似てる気がします。仕掛けをして、それにどこが食いついてくるか、という意味で、

ただ最近食いつきが非常に鈍くなっている、というのは感じています。うちはメインはBtoBなのでまだ楽ですが、BtoCECサイトは大変でしょうね。

いずれにせよWeb対策は大事ではありますが、Web対策さえやっていれば全てOKなわけはありません。Webは単なるツールでそれ以上でも以下でもありませんが、年々そのツールの費用対効果が落ちている、という現実は戦略の見直しを考えざるを得ない状況を作っています。

広告を非表示にする