KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

桜満開です、それでも「花見」を自粛しますか?

震災関連や停電関連の記事が続いたのでちょっと一息いれましょう。家の近くの桜です、

今年のお花見は「自粛ムード」が強いようですが、日本の花見は古来から自然を愛でる習慣であり、心を安らぎに導くものだと思います。従ってこの時期にお花見をするのは不謹慎でも何でもないと思うんですが、どうも「世間の目」を気にする人が多いのか、どうも東京のお花見の名所も閑散としているようです、

ちなみに私のように考える人間は決して社会の少数派ではないことが日経新聞の以下の記事で明らかになりました。もっともこの調査データが正しいという前提での話しですが...

■自粛「行き過ぎ」78% もっと「応援消費」を 読者調査
http://s.nikkei.com/e0NUxZ

これだけの多くの人が「自粛行き過ぎ」と思っているにもかかわらず、「自粛」「不謹慎」ムードが一向に下がらないというのはなんとも不思議な感じがしますが、やはり行政が率先してそういうムードを払う努力をしないと変わらないんでしょうかね? 東京都中央区は6日までに、浜町公園など区立10公園に設置した宴会自粛を呼びかける看板を撤去したそうです。

■「花見自粛」に見直しの動き 「行き過ぎ」と看板撤去
http://s.nikkei.com/fryjJU

野村証券チーフエコノミスト木内登英氏は「過度な自粛は復興の妨げになる。 消費通じて被災者支援すべき」と論じています。私もこの意見には賛成です。

■過度な自粛は復興の妨げ 消費通じて被災者支援 野村証券チーフエコノミスト 木内登英氏 
http://s.nikkei.com/gDzYxt

うちの近くにはまだ桜が蕾状態のがあります。


今からでも遅くはありません。日本人が古来から愛でていた四季の風物詩の花見を楽しみましょう。「世間の目」などを気にせず。

誰かがいいましたが、「日本には世間の目という独裁者がいる」

独裁者に屈しないようにしましょう。