KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

災害報道、デマに対する対策

[http://d.hatena.ne.jp/KyojiOhno/20110316:title=先日の記事]でも民放の災害報道に関してかなりの批判をしたが、今日はフジサンケイの系のZAKZAKが耳を疑う記事を発信した。

■米“放射能パニック”隠蔽政府にヒラリー激怒「信用できない
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110318/plt1103181529003-n1.htm

今週に入り、米政府やメディアは総じて日本に厳しい。悲惨な大震災への同情はどこかに吹き飛んでしまった。<中略>
 米国在住のジャーナリストは「ホワイトハウスや議会で連日、日本の原発危機に関する会議や公聴会が開かれているが、『日本政府や東電は情報を隠蔽している』『混乱して無政府状態』といった反応ばかり。かなり緊迫している。これを放置すると、反日感情がさらに高まる」と警告する。

はっきりいう。この記事は完全なデマである。

辛口な著名なライターでアメリカに長期滞在していた町山智浩さんはこれはひどいデマだ」と怒り心頭。その辺の2ちゃんの類なら一笑にふすべき記事だが、卑しくも大手新聞の中に入るサンケイの記事がこのような根拠のない記事を出すとは空いた口がふさがらない。私の実際のアメリカの知り合いにこれをぶつけたら、「何の話? そんな報道きいたことがない」という反応が帰ってきた。当たり前だ。

町山氏はここまでひどいデマはもはや犯罪に近いとまでいっている
ZAKZAK反日記事のソースを調べてビックリ
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20110320

その他に、
1.「首相がヒラリーからの冷却剤断った」という報道
2.「谷垣総裁、大島副総裁に入閣要請」との報道

いずれも全くのデマであることが判明している。

ここまでデマが飛ぶともはやデマはチェーンメールだけではない、というが災害時に卑しくも「大手新聞」とあろうものがこういった記事を書くこと自体、大手新聞が自らを貶める行為であり、この記事の記者はただただ人目を引くために書いたはねあがりの記者といわざるを得ない。

ちなみにこういった酷い報道に関してはテレビやラジオに関してはBPOに送信するのがいいだろう。
http://www.bpo.gr.jp/audience/ 

ここはTVの文句を聞く専門機関なので、局ごとの詳細なレポートも作られて、全局に撒かれる。

私も先日の日テレの「停電時における必要なもの」の報道に関してBPOに抗議を送信している。

ちなみにチェーンメールに関してはGoogleが「デマツイートの発信者を特定できる方法」でGoogle リアルタイム」によってデマの発生源をつきとめる事ができる。

詳しくは
twitterのデマ発信源はつきとめられる
http://ebilog2009.seesaa.net/article/191045647.html

築地市場には豊富に品がある」「ワンピース作者が義援金というデマも犯人特定できたという。

今回の大災害で日本人がいかにデマに弱いかがはっきりしたが、このデマを鵜呑みにし大衆が集団でパニック行動にでたら恐ろしい事態になる。

つまりデマでおきる事件は全て人災である、

我々自身が冷静に行動し、その情報にどれだけ信憑性があるかをしっかり調査する必要がある、フジサンケイの報道に見るように大新聞やテレビの情報だから正しいと考えるのは危険である。