KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

箱根駅伝往路

正月の風物詩である箱根駅伝 往路が行なわれ東洋大が三年連続で往路優勝。今年こそ三冠で完全優勝を目指す早稲田の野望を打ち砕く結果となりました。

今年の箱根駅伝、往路は終始早稲田の独走状態が続きました。しかし山登りには東洋大「山ノ神」柏原が控えているだけに小田原中継点で東洋大とどれだけのタイム差で入るかがポイントでしたが、2分54秒差、過去4分以上の差をひっくり返した柏原を振り切るには十分な時間ではありません。そして案の定16キロ付近で早稲田を抜いてトップ。今年不調だったとはいえ「山ノ神」面目躍如といったところでしょうか。

でも実はこの早稲田の5区の選手、意外にがんばったという印象を持っています。柏原に追い抜かれたとはいえ、往路は僅か27秒差、過去4分以上を大きく逆転してきたことを思えばこの早稲田の選手も予想以上に踏ん張ったといえるかもしれません。しかし何にせよ
相手が悪かった、役者が違ったという感じでしょうか? 何せ東洋大も早稲田も往路新記録を出しましたからね。往路新を出して優勝できなかったという例はあまり聞いたことがありません。
いずれにせよ三冠を狙う早稲田、27秒差などないに等しい差ですから復路でもドラマを期待しましょう。、

広告を非表示にする