KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

困った犬の飼い主のマナー

昨日一連のリホームの工事がひととおり終わり、家の外壁と一部の部屋の内装、塀と門扉を新しくしてかなり「新品同様」に近い家になった。

これで5月の屋根の補修をきっかけに行なってきた一連の工事が終了したわけだが、今朝女房から耳を疑う情報を聞いた。

どこに家のおばさんか知らないが、(うちは住宅地だが、うちの隣近所の人ではない)塗装が終わった塀に犬にマーキング(おしっこ)をさせているという。しかも女房が目の前で平気で行い、自分が悪いことをしたなどという意識は全くないようだ。(女房は唖然として言葉もでなかったという)

今度現場を見たらひとこといってやろうとも思うが本当に冗談じゃない

日本は世界第二位のペット大国といわれるが最近こういう犬の飼い主が多いのは困ったものである。私も[http://homepage1.nifty.com/hyb-music/pet.htm=「ペットミュージック」]という作品があり音楽家の中ではペット業界とも関わりがあるのだが、こういう問題は考えないといけない。

最近自由=自分勝手と勘違いする人間も多いし、公共の意識=Publicという認識を持てる人間が少なくなっている気がする。これも日本のクオリテイが落ちたと思う原因の1つである。

とりあえず「犬が近づかない薬」というものがあるようなので調達してみようと思ってはいるが...

広告を非表示にする