KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

ニート・フリーター・引きこもり対策ー政府はもっと支援を

ニート・引きこもり集まれ、寮生活や就業を体験
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100918-OYT1T00033.htm
===================================================
以前もこのブログで書いたが、ニート、フリーター、引きこもりを社会復帰させるプログラムをもっと推進すべきである。

彼らの中の一部がいわゆる中川淳一郎さんのいうウェブの「バカと暇人」 になっているのは既に周知のことであるし、BBSやブログでの「荒らし」による言論封殺、時には他人に身の危険まで感じさせるという社会にとって極めて有害な存在になっているのも事実である。

驚くべきことだがかつて「ゆとり教育」を推進した寺脇研なる人物は文部省(元文部省広報調査官)は「ニート」や「フリーター」を容認する発言をしていたのは有名だが、そういった風土がこういう「バカで暇人」 を大量に生み出す結果にした。文部省にとっては愚民化にもっとも貢献した功労者であろう。文部省役人としては名誉なことだが、これが何を生み出したかは今さらここで云うまでもないだろう。

いずれにせよこういう活動はもっと行なわれるべきだし政府ももっともっと積極的に政策に盛り込むべきである。10代はまだしも30代、40代になっても仕事がない、収入がない、などという状態が健全であるはずがない。

彼らを再教育し社会性を見につけ、何らかの職業につけられるようにしなければならない。案外それだけで掲示板やブログの「荒らし」「炎上」が減るかもしれない。