KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

成年後見面談@新潟家裁

さて、10日ほど前に無事介護老人ホームに転居できた叔母ですが、本日は午前中はその後の事務処理関係の残務がいくつか残っていたのと施設のケアーマネジャーさんとのお話、そして午後は新潟家裁成年後見制度に関する家裁の判事との面談を行ないました。

午前中の方は全て事務処理が終わり、こちらは完全に一段落しました。案の定、叔母はもう10日前に引越ししたことをきれいに忘れており、前の施設にまだいるつもりでいるようです。まあ説明しても混乱したりするだけだし、どうせまた忘れるからとりあえずそのままにしておきました。施設のほかの入居者とももううまくいっているようで全く問題がなさそうなので、こちらの方は安心しました。

さて、午後は新潟家庭裁判所での成年後見制度に関する家裁の判事との面談。叔母が新潟在住のため新潟家裁にならざるを得ないんですが、こちらは東京在住なので、できれば東京家裁で申し立てできるように制度を考えてくれないものかとも思いますね。東京から新潟までの交通費はバカにならない金額だし、まして新潟は殆ど車がないと移動がままならない所なので最近は移動はもっぱらレンタカー、交通費関係の経費だけで相当かかってしまいます。 こういう点で裁判所ってもっと柔軟に対応できないもんですかね?

いずれにせよ今回は叔母がここ半年くらいに急激に認知症が進展した関係で、再度主治医による鑑定を行なうことになりました。その結果次第で成年後見人になるか、一ランクしたの成年後見補佐人になるかが決まります。

とはいえ、一応今回で本当に一段落したことになります。

あとはしばらく月に一度のペースで様子見に出かけることになりますが、ここ数ヶ月ふりまわされていた件は一応の区切りがつきます。

あとはアルツハイマーと診断された叔母の認知の症状が今回の施設移転でどう変化するか、ですが...

広告を非表示にする