KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

バンクーバー五輪 フィギュアスケート女子

キム・ヨナ228.56点で金メダル、勝敗の分け目は完ぺきな演技
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0226&f=national_0226_020.shtml

今日はライブのゲネと本番だったのですが昼間に「宿命のライバル対決」を見ました。浅田真央の銀メダル。すばらしかったですね。回のトリプルアクセルを完ぺきに決めたのは女子フィギュア史上初ですのでこれだけでも充分に誇っていい内容です。

ただ今回、キムヨナが凄すぎた

このひとことに尽きます。惜しくも銀メダルに終わった浅田真央選手は

「アクセルを2回跳べたのは良かったが」悔し涙の浅田真央、銀メダル ほかの部分でミスがあったので、全然納得はできていない
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0226&f=national_0226_022.shtml

浅田選手もキムヨナも19歳、まだ四年後も充分に出場できる年齢です。浅田選手のこの言葉を聞いてまだまだこの2人の対決のドラマ、始まったばかりだということができるでしょう。
今回の悔しさをばねにまた四年後を狙えばいいです。そしてもっともっとすばらしい選手になってくれれば、と思います。もっと芸術的な表現力をつけてね、

もう1人、メダルは取れませんでしたが安藤美姫選手も私は賞賛したいです。
一時は歩くのもままならないほどケガして、引退とかスケート協会からも見放されるようなつらい仕打ちを受けた安藤選手、それにもめげずにここまで復活したのはすごい精神力といっていいでしょう。
気になるのは並の人間ならつぶれてしまうような逆境をはねかえした選手なのに、なぜマスコミは安藤選手に対してはあんなに冷たいんでしょうか?

産経ニュースが掲載した安藤美姫の写真がひどすぎる
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1208&f=national_1208_027.shtml