KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

関ヶ原ーどうやら前田慶次は本当に出ないようだ

また「天地人」の話です。このブログでも何度となく書いていますがどうやら前田慶次、本当にNHKの「天地人」には出ないようですね。今回は関ヶ原の模様でしたが、上杉軍は長谷堂城の戦いが少し出てきました。来週も出てくるかもしれませんが、この長谷堂城の戦いは直江兼続の人生でも最大の危機で一度は「もはやこれまで」と切腹しようとする時に前田慶次がそれを止めるという逸話が残っていますが、その肝心のシーンに前田慶次郎利益はいませんでした。今回前田慶次がいなかったことで残念ながら天地人にはもはや前田慶次は出ないと断言していいでしょう。一番の見せ場に出ないのですから、このあと仮に出たにしても殆ど意味はありません。

ちなみに今まで出なかった武将は今回出ました。石田三成のもう1人の親友の大谷吉継です。天地人では総大将を三成自身ではなく毛利輝元にするように進言したのは兼続のように描かれていますが、実際に三成にそれを進言したのは資料によって大谷吉継であることがわかっています。ハンセン病を患い、覆面をしていましたが家康もその力量を高く評価する等 名将といわれている人物です。最後の湯浅隆貞(五助)の手により関ヶ原に埋められ、東軍側に発見されることはなかったというのは史実です。
 さらに天地人では若林豪さんが演じていた島左近も三成をかばって壮絶な戦いで討ち死にしたのも事実で、この時の戦いは鬼神のごとく凄まじいもので、これも後々語り草になります。

 これで三成は家康によって斬首され、三条河原に晒される運命になりますが、天地人では兼続との友情や信義に焦点があてられていますが、やはり三成が他人から見たら横柄に見えた点は否定できないようだし、あとかなり独断先行も目立ったようです。毛利輝元が総大将でありながら大阪城から動かなかったのも毛利抜きでさまざまな軍議が進め、吉川広家の諫言もあり結局兵を動かすことはありませんでした。ドラマの中で三成が「なぜ動かぬ」といったのも、やはりそうした「横柄に見える」部分が大きく影響したといえるでしょう。

さらに関ヶ原西軍敗退の原因を作った小早川秀秋ですが、これは慶長の役の時に石田三成の讒言により改易されたといわれており、やはりそういういきさつも関係したのかもしれません。

いずれにせよもう前田慶次天地人に出る可能性はもう殆どない、といっていいでしょう。何せ後々語り草となる長谷堂城の戦いがかなり省略されて描かれるようですから、

ちなみにこの時の戦いぶりで家康からも「敵ながら天晴れ」と絶賛され、全領地没収を免れます。

さて、これで天地人の見所が一つ減りました。いささかがっかりしています。さらに宮本信子さんの語りや松方弘樹さんふんする徳川家康もちょっと醜悪すぎるし、前半は面白かったですけどだんだん後半いささか興ざめな感じもしますね。今後米沢三十万石まで減らされる米沢での生活がどう描かれるかですね。

尚、蛇足ですが「天地人」の音楽を担当している大島ミチルさんですが、かつて「式部」というユニットをやっておられました。その片割れの篠崎正嗣さんとはいっしょにレコーデイングしたことがあります。
とんでもない昔の話ですが...