KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

ブログ作成の動機男性は「社会に向けて」、女性は「友達に読ませたい

■ブログ作成の動機、男性は「社会に向けて」、女性は「友達に読ませたい」
http://www.rbbtoday.com/news/20090710/61160.html

私も一応ブログというメデイアにはまっている人間である。いわゆるブログだけでこれだけやっている

・Kyojiの音楽ひとりごと
  http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/

・Kyojiのよろずひとりごと
 http://d.hatena.ne.jp/KyojiOhno/

・癒しの音楽チャンネル
  http://www.iyashi-channnel.com/

・ハイブリッドミュージック新着情報
  http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/hybridmusic/

・ハイブリッドミュージックーライブインフォメーション
  http://plaza.rakuten.co.jp/hybridliveinfo

最後の3つは私の会社に関連したブログだが、太字の2つは純粋に自分のために書いている。まあ時々会社関連のイベントの告知をすることはあるけど... というわけで主に2つのブログを用途に使い分けて書いている。

これ以外にmixiもやっているし、My Spaceもやっている。http://www.myspace.com/ohnokyoji

我ながらこのはまりようには呆れるが、業務やイベント告知以外では私は自分の考えをまとめるのを目的で書いている。そしてその考えを結果的には社会に問うている形になるから私の場合「社会に向けて」という意味では男性の典型的なブログの使い方になるのだろう。

勿論私見を始め、批評や評論もブログの中にある。その内容に賛同する人もいるだろうし逆の考え方を持つ人もいるだろう。100人が100人、同じ考えになるわけはないし、そうなると考えるほうがおかしいのだ。
ところが世の中にはそれが理解できない人がいるようである。

mixiで実際に起きたことだが、私が自分の私見を日記に書くことに「不快だからやめろ」といってきた人間もいたし、またたかが一ブログで述べた私見を、私が世論をある方向に「煽動している」などといってからんできた人間が過去にいた。いずれも当然ながらマイミクMy spaceのフレンドにあたる)を取り消させてもらったが、世の中には自分と違う意見を述べているというだけで「不快」に感じる人がいるらしい。100人が100人同じ考えになるなどありえないし、そういう社会の方が異常である、ということが理解できない人間である。

そういう人間が一つのブログに類は友を呼ぶように集まると、そのブログはいわゆる炎上する。
残念ながらネットユーザーにはかなりの「暇人」でしかもあまり知的水準の高くない人も少なくないことも事実である。

幸いにしてまた私のブログは炎上したことはないが、いつそうなるかわからないリスクはあるだろう。

自分の考えをまとめるだけでなく、自分の考えを世に問う、社会に問うという意識がこれからも持っていくつもりである。