KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

家の鍵を誰かが開けようとした形跡が

一昨日夜、ライブイベントで深夜帰宅したが、その時家の鍵の一つが異様に開け辛かったことに気づいた。家の鍵は二つついていて一つは普通の鍵だがもう1つはピッキングでも開かない鍵で、そちらの方が鍵穴に鍵が異常に入り辛くなっていた。とはいえ、取り合えずは開いたのでそんなに気にとめなかったが、今朝女房が「鍵穴にガムがついている」といってきた。勿論誰もそんなことをするはずがなく、怪訝な気持ちでググってみたら、何と!!

■カギ閉じ込め!車のカギを中に入れたまま閉じ込めたんですが、JAFに入ってなくて...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415093344

このページにこんな方法が

「まず、ガムを噛んでから噛んだガムを鍵穴に突っ込んでから、何でも良いから鍵穴に入る適当な鍵を無理矢理入れてから冷却スプレー等、ガムが固まる物をかけてから鍵を回すとだいたいの鍵は開きます。車の鍵も開いた事があります。後処理が大変ですけどね。」

と書いてあり、改めてみるとなるほどそういう感じ。 しかし幸いにしてきちんと開けることはできなかった模様で家のものも特に何がとられたというわけではなかったようだ。

いずれにせよこれは誰かが我々の留守中に鍵を開けようとした形跡である可能性が高いと考え110番通報。警察は「誰かのいたずらの可能性」という答え。「仕事や近所とのトラブルは?」と聞かれても思い当たる節はない。とりあえず鍵穴のところで指紋を採取し、指紋らしきものは取れたがそれは私や家内の可能性も否定できない。

うちの近辺は空き巣や泥棒に狙われている地域ではあるが、どうもそれに狙われた可能性が高いと私は考えている。いずれにせよ何も被害がなかったのは不幸中の幸い。 とはいえ、今回は「器物損壊」の扱いにとどまってしまう。

いずれにせよこれで防犯対策を強化せざるを得なくなった。また新たな出費が増えそう。頭が痛い。