KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

ちょっとあきれてしまうランキングー子どもになってほしい職業

子どもになってほしい職業ランキング2008
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/058/childget_job_2008/

第一生命が毎年全国の親の側に子どもたちをどのような職業に就かせたいと考えているランキングを発表。

スト2
1.公務員
2. 医師
3. 弁護士
4 エンジニア
5 薬剤師
6 公認会計士
7 外交官
8 職人
9 建築士
10 音楽家
11 野球選手
12 大学教授
13 サラリーマン
14 通訳者・翻訳家
15 アナウンサー
16パイロット
17 教師
18 裁判官
19 芸能人
20 税理士

単なる「イメージ」のみで安易にアンケートに答えているのが見え見えの内容だが、まず日頃マスコミに便乗して官僚批判しているくせに、子供になってほしい職業のトップが「公務員」(!!!)

俺なんか日本の官僚の姿を見たら自分の子供は絶対にああいう人間にはしたくないと思うはずだが... 結局世間の官僚バッシングは単なる日本の「官僚天国」へのやっかみに過ぎないということを証明している気がする。なんというダブルスタンダードというか、わがままなのだろうと思ってしまう。

医者や弁護士などは昔からの花形だが、エンジニアといってもIT系を念頭においているらしい。しかし普通のエンジニアなんて地味でしかもしんどい仕事だ。一時的にエンジニアの仕事をしている私だからわかるが、定時に会社を退社など殆どない、毎日午前様、もしくはそれに近い状態が当たり前、という生活を大部分のエンジニアは送っている。はっきりいってこんなしんどくて、しかも給料が安い仕事はないのだが..

そして個人的事情でおいおい、と思ったのは「音楽家」が10位!!!

おいおい、お前らCDろくに買わないくせに、「音楽家」を花形職業だと思っているの? 物を知らないにもほどがある。「イメージ」というのは恐ろしいもんだ。

野球選手、芸能人、一見華やかだけど、大成功して稼げるのは全体のほんの一握り。野球選手はまだ実力次第だが、芸能人などは人気が出ればいいけど、すたれれば消費財のように捨てられるだけ、俺なんか自分の子供を芸能人にしたいとは絶対に思わないね。実情を知っているだけに

ただ、手や頭に「職を就けさせたい」という選択も多い。これは正しい選択だし。手や頭に職がつけばつぶしが利くのは事実。それにしても「公務員」と「音楽家」はいただけない...

ちなみに「医者」がいてなぜ看護婦がいないのかね? 今年の始め入院して看護婦の看護でありがたい思いをしたからいうわけじゃないけど、ー確かにしんどい仕事ではあるけど..