KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

胡錦濤はW大学では歓迎されていない。

胡錦濤国家主席福田首相の母校である大学に講演に行ったのは良く知られているが、おそらく九分九厘夜のニュースで報道され、胡錦濤があたかもW大学生に
歓迎されている
かのような映像が流れるだろう。

だが実態はどうもこういうことらしい

早稲田大学法学部教授、水島朝穂氏のHPより

http://www.asaho.com/jpn/coverright.html
引用させていただくと

一般に、外国の賓客が来学し、講演を行うときは、事前に教職員に対して参加を募る案内が届く。限られた範囲の人々を集めるような講演会でも、関連科目の担当教員には招待状が来る。学生の参加を募ることもある。しかし、今回は、講演会があることすら伏せられ、前日になっても公式ホームページに情報提供は一切ない。少なくとも私の所属する法学部の中国語関係の教員に対して講演会への参加案内はなかった。法学部がそうなのだから、全学的に中国関係の教員・研究者に参加を呼びかけるということはなされなかったとみてよい。全学に中国語を履修する学生はたくさんいるが、そういう学生たちに講演会への参加がアナウンスされることもなかった。大隈講堂に入れる早大生は、1998年11月の江沢民主席来学時のような、一般公募の学生たち(その個人情報の扱いをめぐって訴訟にまで発展したところの)ではなく、40人前後の「身元の確かな」中国留学経験者だけである。彼らには、事前に「政治的な質問はしないように」という趣旨のことが伝えられたようである。

夕方のニュース映像には
早大生が拍手しているように映るのだろうが、

中国政府製の「サクラ」である。

まあこんなことだろう、とは思っていたが...

そして情けないかな、大隈重信以来、学問の自由をうたっていたこの大学と何よりも日本政府がこの茶番劇に手を貸したということになる。。私は別にOBではないが「ここまで堕ちたか」と思わずにはいられない。

何でもマスコミ。メデイアの映像を鵜呑みにする人が多いこの国の人たちに知らせたかった。チベットだけでなく国内の人権を無視するこの国のしらじらしいイメージ作戦に結果的に加担しているのがこの国の政府であるということは認識して欲しい。非常に情けない気持ちである。

福田首相の支持率は19.8% (共同通信5月2日)

このことでもし支持率が上がったらこの日本という国は世界中からの笑いものだ

<追記>


実際その場所に行った人の話です。
さながら「中国「早稲田大学自治区」だったそうです。
以下引用

本当に日本だったのか?
本当に日本の大学だったのか?

今のところ「まだ」日本だ
僕や皆は
戦車や銃で殺されていないから



数百から千人は収容できるであろう早稲田大学大隈講堂

早稲田大学に在籍中の学生四万人のうち
コキントウの講演会に入ることを「許された」のは
中国に留学経験があり「身元が確か」で「政治的な質問をしないと約束させられた」四十人


僅か四十人
学生全体の
0.1パーセント <中略>
昼過ぎ
校門前に立っているだけで
緑の腕章をつけた早稲田大学関係者は
僕の前で確かにこう言った

「排除して」
ほんの数日前
数千人が集まった代々木公園で
誰が暴れた?
非暴力の僕達は「排除」された

やがて
いかつい車がバリケードを築き
何も見えなくなった

警官はマイクで叫んだ
「旗をしまって」


何を見せたくないのだろう


彼が見せたくないのは
日本人の意志
日本人の気持ち
死んでいく人々を思う心


彼らはそれを隠そうとする
何のために?
果たしてそこから何が生まれる?
果たしてそこで 何が死ぬ?

今日の早稲田大学
「中国早稲田大学自治区」だった


これは日本の未来の姿なのか?


日本全体を
「日本自治区」にしてはいけない


そうなったら
今日集まった僕やみんなは
戦車に踏まれ 銃で撃たれ
拘束され 拷問される


ここが今の中国なら
僕は今日 あの場所で
死 ん で い る
殺 さ れ て い る
よくて拷問か

::::::::::::::::::::::::::::

この話を聞いて恐怖を覚えたのは私だけではない。
数十年後、私たちが当然と思っている言論の自由がなくなり、
デモや抗議集会を開いただけで戦車や機関銃が襲ってくる。

そんな社会になったらどうします?

今の日本の政府の状態だと、そうなってもおかしくない。

日本人の民主主義が問われています。

「無関心がかっこいい?」 

「政治のことをいうのがダサい?}

この文章を読んでいる人の大多数がもしそう考えているとしたら、数十年後、間違いなく日本は中国や北朝鮮と同じような社会になります

そんなバカな?

でもたった63年前の日本、軍国主義の日本は「天皇陛下万歳」ということに誰一人疑問に思わなかった社会だった。まさに今の北朝鮮と殆ど同じ社会だったんですよ。そんな社会に戻りたいですか? 戻したいですか?戻らないと誰が言い切れますか?

「無関心」な人が多いと気がついたらそういう社会になっています。
そして気がついた時は もう遅いのです