KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

大掃除

日本人の昔からの風習で大晦日の大掃除、一年の埃をはらって
きれいにして新年を迎える。

この風習は私いい風習だと思っている。特に私のようなものぐさには重い腰を上げるよい機会になる。それにきれいな気持ちで新年を迎えるのはすがすがしい。

しかし海外に住むとこうはいかない。海外在住中に大晦日に掃除をしていると「感心だねー」といわれるならまだしも、「引っ越すのか」と思われたりもする。これがヨーロッパ、ドイツやイタリアなんかだと大変だ。特に大晦日が日曜日になってしまったら大掃除などしようものなら近所じゅうから「なぜ安息日に掃除などする?」などと袋叩きに遭う。アメリカの大都市部にいるとこういうことはないが、ヨーロッパの「近所の目」の圧力はすごいのだ。だからドイツなどナチス時代はゲシュタボによる監視社会を容易に作ることが出来た。ドイツは旅行するにはいいが住もうとは思わない。

それで一家を挙げての大掃除。背丈のある私はいつも天井のすす払いの役割を負っている

女房「あなたのはすす払いではなく露払いでしょ?」

「おれは相撲取りか?」といいつつ太刀持ちのポーズを取る。
まあ土俵入りといわれるよりましか。

そんなこんなでようやく今終了。
これからしばらくオトソ気分に浸れるか。

というわけで来年もよろしく御願いしまーす

広告を非表示にする