KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

「ルールが絶対」という「正義の暴走」-日本のあらゆる病巣、諸悪の根源がここに凝縮

以前安倍政権の主要支持層の1つである20代ー30代の「ゆとり、さとり世代」について書いた。勿論特定の世代に対する偏見を助長する意図はないのだが、彼らの多く(私は勿論この世代の全員がこれにあてはまらないことを心の底から願っている)の特徴が日本と…

日本という国があらゆる観点からみて著しく劣化したことを実感する今日この頃

この記事の前の記事で安倍政権がどんなにメチャクチャなことをしても一向に支持率が下がらないことに対する分析をしてみた。 kyojiohno.hatenadiary.com 簡単にまとめると安倍政権の支持は財界やネトウヨ、そしてよくいわれるゆとり、さとり世代ではなく主に…

安倍政権の支持率がなぜ下がらないのか?の分析を読んで「不都合な真実に目を背け偽りの夢を見続け破滅」に向かっている日本人の姿を見た

森友、加計における公文書改竄や事実隠蔽、統計不正、そしてマスメデイアが「報道しない権利」を行使している与党の予算審議委員会、80日を超える審議拒否、 それ以外にも「安倍の友達」という理由での犯罪者の不逮捕、そしてさまざまなことで日本社会をど…

海外から帰国し日本はキャッシュレスもペーパーレスもなかなか進まない見通しであることを実感

10連休の影響。 海外から帰国してキャッシュが不足したので止むにやまれず手数料覚悟で金をおろす。たまたま現金を引き出せたが現金切れのATMも多数あった。こんなの初めて見た 引出しができなくなったATM 日本はやはり外国と違いクレジットカードが使える所…

地元の雹の猛威

twitterでも投稿したが、初夏に近い5月4日に東京都多摩市に大量の雹が降ってきました。直径数センチのどでかい雹です。 こんなの見たこと無い( ̄◇ ̄;) 降り始め https://twitter.com/kyojiohno/status/1124562598718889984https://twitter.com/kyojiohno/s…

久しぶりに第二の故郷 New Yorkに行ってきました。久しぶりのNewYorkで日本の物価の低さを実感

私はいわゆる「帰国子女(年齢的には帰国ジジイですが...)」で子どもの時はNew Yorkで育ちました。社会人になっても1年以上住んでいたこともあり、私にとってはNewYorkは第二の故郷といっていいと思います。 NewYorkのダウンタウン そのNew Yorkに久しぶりに…

安倍政権の主な支持層である「ミレニアル世代」「さとり世代」が日本を滅ぼす可能性

ジェネレーションギャップの本質が変化している まず最初に断わっておくが私は男女とか性的志向は勿論の事、こういう世代とかで結果的に差別につながるような言質には反対である。だからこの記事のやや「世代ギャップ」に対して「今の若い者は..」的な発言に…

統一地方選挙前半戦野党惨敗と山本太郎の「新党」立ち上げ、について

さる7日に行われた統一地方選挙は立憲民主党が全国で30議席を増やしたものの、総じて野党は惨敗といえる結果だった。これは例の「新元号」に伴う安倍政権のパフォーマンス、「新しい時代が来た」というイメージ戦略に流された人が多く、安倍政権の政治利用が…

多くの疑問、懸念にも関わらず新元号「令和」に日本中がはしゃいだ背景ー安倍政権の思惑通りにさせないための心掛け

4月1日の当ブログの記事でも私は新元号「令和」に違和感を感じ、令が命令の令であることから安倍政権及び日本会議勢力から元号を通して国民への刷り込みを狙った可能性があることを述べた。 kyojiohno.hatenadiary.com これは私だけでなく多くの方が疑問をも…

新元号「令和」-に隠されている安倍政権の国民に対するワナー万葉集云々は目くらまし?

本日予告通り5月1日から摘要される日本の新元号が発表された。 この元号というのは海外の人に説明するのは難しいが私はたずねられると"Name of the era(時代の名前)"と説明し、日本には昔からそういう慣習があったという風に説明している。 この新元号、発…

明日から新年度でアベノミクスでこれだけのものが値上げーアベノミクスはアゲノミクス、もたらした景気は「いかさま景気」

実はこれは「女性自身4月3日号」を画像にしてSNSにアップしたものです。 一昨日Facebookでこれをアップしたところ3月31日の13時現在で356件シェアされて今もシェアの数はどんどんあがっています。 なぜかはこの画像をみればおわかりだと思います。 アベノミ…

MLBの開幕戦 マリナーズ対アスレチックス戦に行きました。(たぶんイチロー最後の雄姿)

私がMLBファンであることは以前の記事でおわかりだとは思いますが、日本での公式戦を見に行ったのは久しぶりです。 New York Mets 2015年リーグ優勝とワールドシリーズ レッドソックスWS優勝と田澤上原の活躍と日本の「ムラ社会」 イチローのトレードの日本…

ピエール瀧逮捕に観る日本社会の極端なほどの失敗に対する不寛容、事なかれ主義、保身に今の日本社会閉塞の病巣を見る

今テレビ、ワイドショーをつけるとこの話題しか出てこない。肝心の政治ーとりわけ今問題になっている統計不正の政府に対する追及など重要な局面があるんだがこの電気グループのピエール瀧のコカイン所持問題の話題がこれでもかと出てくる 特に酷いのは電気グ…

経済格差は「グローバル政策」や外国人労働者によってもたらされたものではない。復活のカギは「スキル」習得と旧態依然の社会の仕組みの改革

いささか長いタイトルになってしまったが、要は昨今の風潮が大きく誤った情報に基づいて動いていることに気づいたためである。 次の記事 ■言ってはいけない!「日本人の3分の1は日本語が読めない」 bunshun.jpタイトルだけだと日本人を必要以上に卑下した記…

大河ドラマの「いだてん」どころではなくなった東京オリンピックの危機的状況

実は私は宮藤官九郎は脚本家として個人的には買っているのだが、数年前から1964年の「東京オリンピック」をテーマとした大河ドラマ、というのは何か政治的な意図のようなものを感じないわけではなかった。 とはいえまあ宮藤官九郎だからおそらくはかつての大…

明治維新ー変化がドラステイックすぎてあまりにも大きな代償、犠牲によって成し遂げられた「革命」

西郷どんー最終回が終わりましたが明治維新150年にあたる今年、結局「明治維新とは日本人にとって何だったのか」について考える機会にしたいと以前述べました。 日本の歴史上「価値観」が大きく変わった時期がいくつかありました。その中で特に大きなものと…

西郷どん最終回にあたりーあえて大久保利通について考える

西郷どん いよいよ最終回で西南戦争が終わり、西郷隆盛は自刃します。明治維新150年に当たる今年で明治維新というのは日本人にとってなんだったのかについては次回の記事に関して考察しようと思います。 その西南戦争で西郷隆盛を結果的に自刃に追い込んだ大…

ヨーロッパ取材旅行ー決して「セレブ」のためではなかった客船の旅

業務上でドタバタしてしまい更新が遅れてしまいましたが. 今回のポルトガルからスペインの旅には2つのプロジェクトが背景にありました。 1.BSテレビ朝日「世界の船旅」の取材、撮影 2.番組のスポンサーが計画する客船ツアーのVP(商業映像)の撮影 その…

ヨーロッパ取材旅行4ーカナリア諸島 テネリフェ島

客船マリーナ号の旅、本来はリオデイジャニイロまで行くんですが、我々テレビ取材班はここで下船いたします。 カナリア諸島のテネリフェ、先日のアレシフェと違い結構都会です 温泉はありませんが見かけは何となく日本の熱海に似ています このテネリフェには…

ヨーロッパ取材旅行3ーカナリア諸島 アレシフェ島

マリーナ号の第二の寄港地はカナリア諸島のアレシフェです カナリア諸島スペイン領でアフリカ大陸のモロッコから100-500Kmくらいの距離にあります。このカナリア諸島は二か所寄港しますが、最初はアレシフェ島です。火山でできた島でここに示されている山の…

ヨーロッパ取材旅行2ー西ヨーロッパ最古の街 カデイス

今回はBS朝日の「世界の船旅」の撮影の仕事でこの「マリーナ号」に乗り込んで各地の寄港地のレポートを書いています。 www.bs-asahi.co.jp 船はポルトガルのリスボンを出発して南米のリオデジャニイロまで行く予定ですが私達は都合により途中下船します オー…

ヨーロッパ取材旅行ーポルトガル リスボンレポート

某BS番組の仕事でTVクルーに主に通訳として同行した関係で10日間のヨーロッパの旅をしてきました。 具体的な内容は番組やスポンサーの意向とバッテイングするためここでは触れることができませんが、立ち寄った街に関して番組に差し支えない範囲で記します。…

オリンピック→万博 あまりに違いすぎる高度成長期と現代ー歴史は繰り返さない

既にご存じの通り「大阪万博」開催が昨日決定した。大阪の誘致委員会は大はしゃぎしているが、 2020年の東京オリンピックの後の大阪万博、いうまでもないが高度成長期の時のパターン 1964 東京オリンピック 1970 大阪万博 ⇣ 2020 東京オリンピック 2025 大阪…

ノイジーマイノリテイーを増幅するネットーネットのヒマ人やネトウヨの影響力を削ぐためにも彼らをスルーしましょう

IT

もうだいぶ前の話だけどネットに 大阪大学大学院の辻大介・人間科学研究科准教授らが2008年に発表した『インターネットにおける「右傾化」現象に関する実証研究』についての記事を見た。大手ネットリサーチ会社・マクロミルのモニター会員約1000人を対象に実…

日本を「後進国」にしたのは経団連? 経団連会長「PCでメールを使い始めた」という読売新聞の記事から

まあ事実だとすれば本当に呆れる記事だ。財界トップがパソコンを導入せず、メールで指示を出していなかったということが判明した www.huffingtonpost.jp 元々は読売新聞10月24日朝刊に「経団連会館の会長室に初めてPCが設置された」の発言が発端だということ…

西郷どんー幕末から明治に起きた日本史上最も劇的な変化とそれによって「捨てられた人」たちへの思い

西郷どんー今週から最終章ということで明治時代に入り西郷隆盛の長男(庶長子)の西郷菊次郎が西郷の人生について語るという形式に変わっています。この西郷菊次郎は結果として西郷の子供(5人いますが)で最も出世した人物で台北県支庁長や初代宜蘭(ぎらん…

富士通のレポート「ネットは世論を分断するのか?」を読んでー分極化するのではなくネットはノイジーマイノリテイの意見を増幅しやすいのではないか?

IT

今ようやく読み終えたのだが富士通総研から興味深い研究結果が発表された。 ■結びつくことの予期せざる罠 -ネットは世論を分断するのか?- https://www.fujitsu.com/jp/Images/no448.pdf? 私はネット時代に入って何事も両極化しているように見えて、そうし…

西郷どんー幕末二人の巨人 論理と計算の大村益次郎と情に深い西郷隆盛

西郷どん せっかく江戸無血開城が実現したかと思ったら旧幕府軍による彰義隊の集結が始まり上野戦争が始まってしまいます。西郷はやむなく彰義隊を武力鎮圧しようとした時に出てきたのが長州のあの大村益次郎(写真) そう、司馬遼太郎原作で大河ドラマ「花…

ある「不正請求」のスパムメールでSNSのセキュリテイのぜい弱さを実感した件

IT

今朝がたこんなメールが私のところに来た。文章自体はいかにも「不正請求」の内容なので通常なら無視するところだが、このスパムメールには看過しがたい点があった 何とこのメールの件名がかつて私がネットで使っていたパスワードをこれみよがしに使っていた…

認めたくない人もいるだろうが残念ながら日本は既に後進国となっているーその原因と背景を考察

日本はG7を始め世界の主要な会議にも出席しているし、日本は世界でも裕福な国の1つで世界に冠たる先進国、などということを信じて疑わない人がいまだに多い。 だがそう考えているのはおそらく日本人だけかもしれない。まず「日本人は裕福」などという先入観…

google.com, pub-3062244771962944, DIRECT, f08c47fec0942fa0