KyojiOhnoのブログ

作曲家、編曲家、ピアニストそして製作会社の経営者ですが、ここでは音楽以外の社会一般のことの雑感について書きます。

不祥事続きでありながらまだ安倍政権支持が3割ーなぜ? 日本人そのものが劣化したのか

文書改竄、防衛庁隠蔽、セクハラ、加計問題 と不祥事が考えられないほど続く安倍政権

 

報道各紙の世論調査

毎日新聞支持率 30%(3ポイント下落)  不支持率は49%(2ポイント上昇)

(備考:麻生太郎副総理兼財務相が「辞任すべきだ」が51%と半数を超える)

mainichi.jp

読売新聞:支持率 39%(3ポイント下落)  不支持率は53%(1ポイント上昇)

備考:学校法人「加計かけ学園」の獣医学部新設を巡り、首相秘書官だった柳瀬唯夫氏が愛媛県職員らと会い、「首相案件」と発言したとされる記録について、柳瀬氏が「記憶の限りでは会っていない」とし、安倍首相も柳瀬氏を信頼していると説明していることに「納得できない」は82%に上った。

www.yomiuri.co.jpANNテレビ朝日支持率 29%(3.6ポイント下落)  不支持率は55.2%(0.3ポイント上昇)

f:id:KyojiOhno:20180423114915j:plain

備考:「いつまで政権を担ってほしいか」聞いたところ、「今年9月の自民党総裁選まで」が38%と最も多く、「すぐに辞めてほしい」が23%で、約6割の人が早期に退陣すべきとしています。また、麻生財務大臣については、森友文書の改ざんや財務省の福田次官の辞任などの責任を取って「大臣を辞める必要がある」と答えた人が51%

 

news.tv-asahi.co.jp

世論調査というのは調査の仕方、設問、その他統計の誤差で多少数字が違うのは仕方ないが だいたい平均すると安倍政権を支持しないがいずれも過半数を超えているもののまだこの時点で支持している層が3割近くいるということだ。

公文書の改竄、とか隠蔽(特に国会で「ない」といっていたことが結果として嘘であったことが判明した事実は重い)本来はどちらか1方だけでも政権が吹っ飛ぶ話なのにまだこの時点で安倍政権を支持する層が3割もいる、というのはやはりどうしても信じがたい

反安倍政権の立場を一貫して維持してきた日刊ゲンダイで次のような分析がある

予断許さぬ最終攻防 まだ3割もいる安倍シンパたちの正体

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/227334http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000125705.html

これによると安倍政権の支持層は大きくわけると3つあるそうだ。

1.財界 

安倍政治はハッキリ言って財界の言いなり。『世界で最も企業が動きやすい国にする』と言って法人税を引き下げ、アベノミクスの株高・円安政策で大企業はウハウハ。裁量労働制の拡大は断念したとはいえ、財界の要望通り人件費抑制の『高度プロフェッショナル制度』を盛り込み、『働き方改革』に邁進。『生産性革命』や『人づくり革命』も大企業に都合のいい人材育成策です。経団連が官製春闘を受け入れ、企業献金の呼びかけを復活しても、お釣りが来るほどだ

 

さらに新自由主義者と称する「利権屋」が「岩盤規制の打破」を掲げ、政権に近い「お友だち」だけが、規制緩和がもたらす「甘い汁」に群がる。スパコン補助金不正事件も、モリカケ問題も根っこは同じ。安倍サマと親密となり、盲目的に“崇拝”すれば億単位の利益を得られる

2.若い世代(特に20代)

30代以下は49・3%と実に半数近くが支持している。

若年層の高支持率は『新・階級社会』と呼ばれるほどに進んだ格差の固定化と無縁ではない。今や25~35歳の労働者の4人に1人は非正規雇用。台頭する排外主義の背景には、低賃金にあえぐ彼らが日頃の不満のはけ口として求める側面もある。中韓両国や北朝鮮に強気のポーズを続ける安倍首相が、格好の憂さ晴らしの存在となり、若者の支持を集めているのではないか。『裕福な人々はより裕福に、貧しい人々はより貧しく』というアベノミクスの格差政策の“被害者”である若者が政権を支えているとは、何とも皮肉

 ちなみにこの構造、かつてネット住民の新自由主義者が小泉新自由主義を支持している構造と全く同じである。自分たちが切り捨てられる存在でありながら、その自分たちを切り捨てる政策が「自分たちの味方」と勘違いをして支持する。

あとこの世代の特徴として、例え改悪でも「何かを実現する」ことを無条件に支持する傾向があり、かくして憲法9条含む護憲ではなく例え日本が戦前のような自由のない社会に戻ろうが彼らは改憲を支持する。そのことによってどういうことになるか、などという後先のことなど一切考えない。それゆえ平和主義、自由、場合によっては民主主義を否定することすら、彼らにとって「新しい時代を作る」ということで無条件に支持する。それがどういう結果をもたらすか、ということに対する想像力などこの世代は働かない

ちなみに20代ー30前後はいわゆる「ゆとり世代」にほぼ一致する。「ゆとり世代」に安倍政権支持者が多いのである

3.ネトウヨ

憲法を変えて戦前回帰のような社会にしたい日本会議にとって、中国の台頭や北朝鮮の脅威にかこつけ、9条改憲を目指す安倍政権ほど都合の良い政権はありません。そのため、日本会議シンパの学者やジャーナリストらは『視聴者の会』なる報道圧力団体までつくり、政権に批判的なコメンテーターを降板に追い込み、政権に都合の悪い報道は全部フェイクニュースだと騒ぎ立てる。それを新聞購読率が低く、現状を打破してくれるなら中身を問わない若年層が真に受け、安倍政権を支持する悪循環です」

立正大名誉教授の金子勝氏(憲法

だが上記3つを含めても果たして3割という数字になるだろうか?

ゆとり世代は既に少子化が始まった世代でもあり全人口に占める割合は10-15%くらい その中の半数が安倍政権支持だとしてもせいぜい7-8%に過ぎない

財界関係者といっても新自由主義は1%の人間しか幸せにできない経済政策であるといわれる、1%は大袈裟にしてもせいぜい全人口の2-3%に過ぎないだろう

ネトウヨネトウヨ研究家の古谷経衡氏によるとせいぜい全人口の2%程度しかいないという

ということは上記3つを合わせても多く見積もってもせいぜい12-13%程度にしかならず3割支持の半分にもならない。

となると残りの半分はいわゆる「消極的支持」ということになろう。

とはいえこの時点でまだ安部支持に固執している人たちの考えはおそらく次の2つのいずれかと思われる

1.安部晋三以外の「代役」が思いつかない

2.「アベノミクス」というまやかしの幻想に取りつかれている

3.何も考えず「取りあえず自民党だから」という支持

のいずれかだろう。

1.の代役など実はいくらでもいるのだろうが、安倍が他の内閣より良さそうという洗脳を受けているために他の支持に踏み切れないのかもしれない

とはいえ、3割の半数以上がまだ「消極的支持」であるのならまだ下がる余地はあるだろう。2割でいわゆる「危険水域」2割を切れば「退陣水域」である

そこまであともう一息というところか

 

 

西郷どんー志半ばで倒れた稀代の名君 島津斉彬ー明治維新の基本コンセプトを残す

久々西郷どんの話

今回でついに島津斉彬が急死ということで急展開しますが、やはりこの島津斉彬については一言書かなければならない、と思いました。

松平慶永福井藩主)、山内豊信(土佐藩主)、伊達宗城宇和島藩主)とともに幕末の四賢侯の一人と称せられ、欧米列強が迫っている中 当時最新鋭の武器をそろえ、洋式造船、反射炉溶鉱炉の建設、地雷・水雷・ガラス・ガス灯の製造等、後の殖産興業の流れを作りました。これは明治政府が後にとった政策、富国強兵、殖産興業の基本コンセプトとなっていきます。西郷も大久保もこれを見て明治維新を推し進めるようになります。

f:id:KyojiOhno:20180422213415p:plain

島津斉彬が藩主だったのは、父斉興の妨害もあって僅か7年余りでした。しかしその7年の間に後の世に残したものは大きかったといえます。

1.日本が植民地化されないために富国強兵、殖産興業の基本コンセプトを提示

2.西洋の技術の取得を奨励した

3 西郷、大久保 といった人材の育成

特に島津斉彬が理化学に基づいた工業力こそが西洋列強の力の根源であることを見抜き、好奇心に富んだ人物でアルファベットを学んだり、写真に興味を持ち撮影技術自体にも興味をもち、城の写真を自ら撮影するなど、好奇心に富んだ人物であったようです。

斉彬が撮影した写真は、当時の技術では上出来であったと伝えられています。

f:id:KyojiOhno:20180422213719j:plain

 特に西郷を重用し自分の考えを斉彬の手と足として動くことによって日本のこれからのあるべき道というものを叩き込んだということができましょう。それが後の時代での斉彬の精神を生かすことになります。

今日の西郷どんで  「おまえはわしになれ」

これは斉彬の遺志を継げ、という意味にも受け取れます

斉彬はドラマにも描かれていましたが藩兵5,000人を率いて抗議のため上洛することを準備、その準備の最中急死します。

死因は、当時日本で流行していたコレラという説が有力ですが、ドラマにも時々描かれているように嫡子がいずれも夭逝していることとも併せ、父・斉興やドラマでは井伊家(?)の陰謀という噂もありました。いずれにせよあまりに急な死去から毒殺説が消えません。歴史作家の何人かは毒殺説を取っている人もいます

また歴史に「たら、れば」を云っても仕方ないことはわかってますが、斉彬がせめてあと10年長く生きていたら幕末の歴史は全く変わっていたかもしれません。

幕末の四賢候の一人の松平慶永(春嶽)は「大名第一番の御方であり、自分はもちろんのこと、水戸烈侯、山内容堂鍋島直正公なども及ばない」と語ったといわれました。

西郷隆盛ら後の維新志士らから慕われ、西郷などは斉彬の死去を知ると号泣し、後を追って殉死しようとしたほどですが、島津斉彬の精神は西郷隆盛大久保利通に継承されました。

「おまえはわしになれ」

そうやって斉彬の精神は引き継がれます。日本の歴史上でも稀有なほど聡明な人物、志半ばで逝去したことが悔やまれます

改竄、隠蔽、セクハラ、しかも「首相案件」という証拠まで出ていてまだ居座る安部政権ー支持率低下で風前の灯、のはずだが

いやーそれにしてもよくこれだけ次から次へと出て来たもんだ。

普通なら1つ出ただけで政権ふっとぶはずだが、安倍一強状態が続いたせいかいまだに政権に居座っている。

1.「森友問題」での文書が改竄されたこと (公文書偽造という立派な犯罪)

2.「加計学園」の獣医学部新設の不透明ないきさつで「首相案件」と愛媛県職員に発言していた文書が判明「自分は無関係」「妻と私が関係したならやめる」と豪語したにも関わらず証拠を提示されてもしつこくシラをきる総理大臣 大阪地検収賄罪で捜査中)

3.紛失したという「イラク日報」「スーダン日報」がいずれも発見され、組織的隠蔽が判明したこと

4.財務省役員の女性記者に対するセクハラ発言  麻生財務大臣は擁護、更迭せず

過去の日本の政権でこれだけたくさんのスキャンダルが続出した例は記憶にない。普通ならどれか1つでも政権がふっとぶ話だが、安倍晋三首相は辞任するつもりはさらさらないし、このまますべてを官僚の責任におしつけるつもりらしい

だが日本人というのは芸能人や一般人の失策に対しては恐ろしいほど不寛容だが、政治家のこうした事態には驚くほど寛容だ。そのためこれだけの失態にも関わらず支持率は高水準を維持してきた。

これだけの証拠を提示されても責任逃れを無限に繰り返す政権。まともな知的水準を持った人間ならこの政権に不信感を持つのは当然なのだが

 

私は例のJASRAC音楽教室からの「演奏権摘要」に基づく著作権料徴収に異議を唱え(現在は裁判係争中)署名活動を行ったことがあるが、日本人はどうも「反対運動」というものをネガテイブに受け止める傾向が強い。さらにはデモや気勢をあげるのを「反体制分子」とか「ロクでもない奴ら」などと決めつける向きが強い。

だが昨日土曜日には国会前におそらくのべ人数で5万人はいたと思われる街頭デモが行われた

f:id:KyojiOhno:20180415220403j:plain

3時半以降に一旦大半は帰宅してからまた集まったので最終的にはのべ5万人くらいは集まったと思われる

f:id:KyojiOhno:20180415220458j:plain

これを受けておそらく各報道機関による世論調査が行われるだろうと思われたので先程でたのでこちらに引用する

<共同通信>

校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る「首相案件」文書に関する安倍晋三首相の説明に

「納得できない」との回答が79.4%。「納得できる」は13.2%

野党が求めている元首相秘書官の柳瀬唯夫氏の証人喚問が

必要との答えは66.3%、不要は27.6%だった。

政府の手続きが

「不適切だった」は68.6%で、適切(21.1%)を大きく上回った。

 内閣支持率37.0%で、3月31日、4月1日両日の前回調査より5.4ポイント減。

不支持は52.6%

一方 日本テレビ世論調査

f:id:KyojiOhno:20180415221058j:plain

支持する 支持しない わからない
今 回 (4月) 26.7% 53.4% 20.0%

世論調査には誤差がつきものだが、共同通信日本テレビの間に支持率で10%の開きがあり、これは誤差にしては大きすぎるように思う。うがった見方をすれば共同通信の方が安倍晋三御用の電通のバイアスがかかっている可能性大のような気がするのは私だけであろうか?

内閣支持率とは「危険水域」となったが「退陣水域」の10%代まであともう一息といっていい。いずれにせよもはやここまでくればさすがの一強の安倍政権も末期が来たといわれても仕方あるまい。

だが以前の記事にも書いたように安倍晋三はあくまで自分が総理で改憲を強行するという点にこだわっているため死んでも辞任や内閣総辞職はしないだろう。

一小市民の政局のつぶやきー解散総選挙が近いような気がする

kyojiohno.hatenadiary.com

 多分八割以上の確率で安倍晋三は自己の政権の延命のために解散するだろう。死んでも辞任や内閣総辞職はしない。問題はそれがいつになるか、だ

6月解散説が出ているが、私はもっと早いような気もする。

f:id:KyojiOhno:20180415222211j:plain

いずれにせよ、本来今年は国政選挙はないはずだが、今年中にあるかもしれない。

安倍晋三解散総選挙が自分の生き残り策として最も有効な方法だと考えるのは野党がまだ弱体のままでいることだ。万に1つも与党が敗れるはずがない、と考えているため

だが、果たしてそううまくいくだろうか? 仮に解散したところで昨年10月とは与党の状況も違うはず

桜開花2018年 地元と千鳥ヶ淵の夜桜


今年の冬は寒かったので桜の開花は遅いかなと思いきや、先週初め雪が降る寒さがあったもののその後は温かく一気に開花しました

私の地元「桜ケ丘」もこの通り

f:id:KyojiOhno:20180327103519j:plain
f:id:KyojiOhno:20180327103459j:plain
f:id:KyojiOhno:20180327103427j:plain

そして本日打ち合わせのため九段下方面にいたんですが、九段下といえば日本有数の桜の名所である千鳥ヶ淵

f:id:KyojiOhno:20180326171137j:plain
f:id:KyojiOhno:20180326172752j:plain

f:id:KyojiOhno:20180326172225j:plain

 打ち合わせのあと帰りもう一度よりました。ものすごい人でしたが夜桜でここの桜はライトアップされます

f:id:KyojiOhno:20180327104627j:plain
f:id:KyojiOhno:20180327104648j:plain
f:id:KyojiOhno:20180327104648j:plain
f:id:KyojiOhno:20180327104803j:plain
f:id:KyojiOhno:20180326183951j:plain

会場はまさに桜の花のページェントでした

f:id:KyojiOhno:20180327105220j:plain
f:id:KyojiOhno:20180326185932j:plain
f:id:KyojiOhno:20180326191104j:plain
f:id:KyojiOhno:20180326191342j:plain

枝がお堀の水に飛び込みそうな桜の枝

f:id:KyojiOhno:20180326190350j:plain
f:id:KyojiOhno:20180326191645j:plain

遠くに東京タワーが見えます。桜と夜景の絶景です

f:id:KyojiOhno:20180327105811j:plain

カラ―ライトでライトアップした地域もあります

f:id:KyojiOhno:20180326192756j:plain
f:id:KyojiOhno:20180326192821j:plain
f:id:KyojiOhno:20180326192858j:plain
f:id:KyojiOhno:20180326192933j:plain

桜は一年の中で一週間ー10日くらいしか開花しません。今しか見れない光景です。今年は最高の花見ができました

西郷どんー南紀派と一橋派の対立ー徳川御三家、御三卿と将軍家

西郷どんー先々週から幕末の歴史上の人物が次々と登場しましたがいよいよ江戸幕府の幕末期の権力争いとなる井伊直弼らが紀州徳川慶福(後の将軍家茂)推挙する南紀派と島津斉彬や老中阿部正弘が押す一橋慶喜の一橋派との対立が始まります。

今回の大河ドラマは薩摩の立場から描かれますので、この後大老となる井伊直弼が悪役として描かれるのは致し方ないですが、島津斉彬や嫡男の虎寿丸の毒殺を図ったかのように描かれたのは、昨年まで井伊家を描いた「直虎」を思うとなんともはや、という気にもなりますww

f:id:KyojiOhno:20180318233954j:plain
井伊直弼

いずれにせよ南紀派と一橋派とこれから井伊直弼大老となりあの悪名高い安政の大獄が始まり薩摩藩にも苦しい時期がやってくることになります。

さて、伊武雅刀さんが演じる水戸斉昭も幕末でのキーパーソンでありますがここで徳川将軍家と御三家(尾張紀伊、水戸)と意外に知られていない御三卿について簡単におさらいしておきましょう。

御三家は徳川家康の九男である徳川義直を祖とする尾張家(青)、十男である徳川頼宣を祖とする紀伊家(緑)、そして家康の末っ子となる十一男の徳川頼房を祖とする水戸家(ピンク)の3つのことをいい、江戸時代において徳川氏のうち徳川将軍家に次ぐ地位を持っていた3家のことをいいます。親藩(一門)のうちで最高位にあり、将軍家とともに徳川姓を名乗ることや三つ葉葵の家紋使用が許された家で、家康が宗家の後嗣が絶えた時に備え、家康が宗家存続のために遺したものであるとも言われます。

ちなみに今日津田寛治さん演じる松平春嶽(慶永)も登場しましたが、越前福井藩は家康の次男の結城秀康の流れを組む家で性は松平とはいえ御三家に次ぐ家格として扱われます。ご存じ幕末四賢候の一人で幕末のキーパーソンの一人になります。

実際五代将軍の綱吉には嫡子がなく、甥の家宣から幼少将軍だった家継の死去で徳川宗家の血縁は絶えます。

f:id:KyojiOhno:20180318235242p:plain

 

 家康死後100年で御三家から将軍を迎えなければならない事態になり、御三家の家の格では尾張徳川家が一番高かったのですが、吉宗が家康の曾孫、尾張の宗春は玄孫という差から吉宗が将軍になります。結局御三家の中で家格が一番高いはずの尾張家から将軍が出ることはありませんでした。

8代将軍の吉宗は江戸幕府の中興の祖と仰がれ、世代間の交代で御三家と将軍家が疎遠になることも危惧されたので、新たに田安(紫)一橋(水色)そして清水(黄緑)のs三家で御三卿の家をもうけました。

この御三卿は御三家のように独立した領地をもっていたわけではなく、各家の当主に10万石が支給されてましたが、領地は日本各地に分散して存在しており、これらの領地の支配は独自の代官所によって行われたため独立した藩が置かれることはありませんでした。面白いことに御三卿の当主はその家の相続自体を必然の目的とはしないことも大きな特色で、庶子はもちろん、嫡子や当主ですら他家への養子に出されることもありました。

要するに御三卿は藩でも家でもなく御三家を含む徳川親藩が嫡子がいなくなった時の「嫡男のバックアップ」としての機能を果たしていたということができます。そのため家斉のように一橋家から将軍になるというケースも出てきており、一橋慶喜は水戸家から一橋家に養子にだされ、そして最後の将軍となるという運命をたどります

ここのところは結構わかり辛いと思いますが、紀州家の徳川慶福という御三家を押す井伊直弼と水戸家から御三卿の一橋に養子に出た慶喜慶喜本人は将軍になりたくなかったようですが)の権力争いに本人たちが望むと望まないにかかわらず巻き込まれることになります。

歴史のうねりが始まります。たぶん再来週くらいに安政の大獄が始まるかもしれません

 

確定申告2018年3月に触れ

例年私はいつも早めに確定申告するんですが、今年はこの人が国税庁長官でいることもありなかなか足が向かなかったことは事実

f:id:KyojiOhno:20170324104750j:plain

しかしご存じの通り先週の金曜日に辞任 以前国会で発言したのが嘘であることがばれたので来週にはおそらく国会で証人喚問されるでしょう。すでに大阪地検からも事情聴取されており、何らかの懲戒処分は避けられないと思われます

そしてその影響か知りませんが、税務署は異様な混みようでした

f:id:KyojiOhno:20180315114146j:plain

まあ本日の3月15日が申告の納期限なのでギリギリ混むというのはわかるんですが、それにしても凄まじいものがありました。たぶん佐川宣寿氏の長官辞任というのが影響したと考えていいでしょうね

何にせよいつもより時間はかかりましたが、昨日無事終えることができました。

申告書は家で作ってきましたからね。相談コーナーとか税務署で申告書を作成すると3時間はかかるそうです。

本日、最終日 無事皆さん終えられますように

財務省公文書改竄認めるー間違いなく政治責任でこれで安部政権総辞職に追い込め!!

もう昨日の話だが財務省が森友関係の公文書の改竄があったことを認めることになった

mainichi.jp

これで朝日新聞のスクープが捏造やフェイクニュースではなかったことが事実上照明された。まあ実際公文書の改竄がフェイクニュースであったとすれば「朝日新聞憎し」で凝り固まった安部政権ならば、原本を持ち出して鬼の首を取ったように反論してくるはずだが、それをやってこなかったので、九分九厘真実だろうと予想はしていた

それにしてもいささか見苦しいのは「朝日新聞スクープ捏造論」をあたかも正論であるかのごとく、主張して朝日やリベラル叩きに専心した安部政権の安倍応援(自称)文化人や評論家、及びネトウヨ諸君の狼狽、錯乱状態になってる様子だ

f:id:KyojiOhno:20180311234604j:plain
すでに公文書改竄を認めたと発表されているのに未だに朝日の改竄情報はがせねたと主張する安倍政権応援団。この人たち日本語がわからないのか字が読めないのか

ネトウヨ論客、作家の百田に至っては

f:id:KyojiOhno:20180311234805j:plain

既に財務省が公文書改竄を認めるという報道出ているのに頑なに朝日の報道ねつ造論に固執している。しかも百田は朝日は切腹せよとの主張だがこうなった場合自分は切腹する覚悟はあるのか?最低でも筆折らなきゃだめだろう

こんな自称文化人は目障りだ。いい加減表に出てくるのはやめてほしい

維新の会の足立康史にいたっては完全に意味不明、理解不能

 おそらく朝日のスクープが真実であることが証明されて気が動転しているんだろう。

ここまで来ると完全に論客として破綻しているので、ネトウヨ君やネトウヨ系論客はこれ以上何もしゃべらない方がいいと思う。自らのグレードを落とすだけである

さて、安倍政権が「適材適所」などといっていた佐川長官の辞任で、焦点は「誰が改竄を指示したのか」という点に入る

f:id:KyojiOhno:20170324104750j:plain

官僚が誰かの指示なくして公文書を改ざんするはずなどない。(そもそもメリットなどない)。といえば政治家が指示、それも「内閣法制局」という役人をコントロールする機関を通じて「従わざるを得ない」という判断でやったと考えるべき 誰の指示かは火を見るより明らかだろう。

でなければ公文書改竄という犯罪になる上で個人としてもリスクの高いことをやるはずがない。官僚に全部責任をおしつければ済むはずがない。(どちらにせよ改竄を認めた以上麻生財務大臣兼副総理の辞任は避けられない)

誰の指示で高級官僚に犯罪行為を行わせたかっていえば官邸関係、もっといえば安倍晋三以外にありえない。

野党は誰が指示したかを徹底追及してもらいたい。繰り返すが官僚がトップクラスの政治家でない限り犯罪行為である公文書改竄を行うはずがない

安倍晋三がこれ以上言い逃れができなくなるくらいに追い詰めてほしい

そして内閣総辞職